Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

VSJUMP

VSJUMP期待以上の超面白い回でした。やっぱジャニ対決が一番楽しいよね。




オープニングトークにかぶせてくる円陣(笑)台本なんだろうけどmasquerade衣装で円陣ってのは去年のツアーと同じだから見れてよかったね。




プラスワンにザキヤマ(ブサイクな方(笑))と大島さん(小嶋だよ!)ってのはJUMPが気を使わずに済む芸人ってことでの人選なんだろうけど、それができるのがいたジャンとスタッフが被ってることの効果でしょうな。



ショットガンはレシーバーにいのちゃんってのはどう考えても人選ミスだよな(笑)それでなくても嵐以上に頼りないJUMPなんだから、はじめから得点差がつかないようしないといけないのに、いちばん大事な所をガチの運動音痴で体力のないいのちゃんってのは失敗だったな。あれは体が大きくて腕も長い裕翔が適任だったと思う。まあ、バズーカはって紹介された時にショットガン構えてる裕翔が超イケメンだったからヨシとしよう(笑)




涼介の涙ボクロ好きって実際に涙ボクロ付いてる裕翔の真似っ子だよね(笑)デコ出しだって昔は全然だったのに裕翔がやりだしてから真似るようになったし、ライバル視してるくせに裕翔の真似したがるんだよねえ(笑)




相葉さんが覚醒したのよと常に相葉さんを褒めるのを忘れないTOP(笑)




ダメダメがニノの誕生日渡したひげ剃りってどうやら元ネタはキムタクのようで、拓哉が無限の住人で三池崇史に勧めたのを、三池崇史がラプラスの魔女でダメダメに勧め、それをニノにプレゼントしたって流れが有力な説みたい。この流れをダメダメが知ってて、拓哉と共演するニノのプレゼントしたのではないかと予測すると更に萌えますな(笑)




一方でドラゴンボールのカードなんて子供のプレゼントをニノにあげる爺ちゃんも爺ちゃんらしいね(笑)



ニノの全身コーデがプレゼントで出来てるネタも聴きたかったけど新しいネタが聞けたからヨシとしましょう。




嵐クラスになると楽屋に料理人をデリバリーと(笑)普通のケータリングじゃなくて最近流行りの出張料理人みたいな豪華なやつなんでしょうな。まあ、これは年数の問題ではなく嵐クラスだからできることなんでしょう(笑)実際終わってシャワー浴びるだけの大宮と、バッチリマッサージまで受ける元カレ元カノとでは終わる時間相当違うでしょうからね。演出家は演出面でのダメ出しとかもあるでしょうし。そういうのを考えると一緒に食べるってことでは楽屋に呼ぶってのがベストでしょうね。時間がズレるから別々に食べるようになるではなく、だったら楽屋に呼べばいいとなるところが嵐らしいね。





大ちゃんを切るニノ怖い(笑)



アドレスや携帯番号定期的に変えてるんだろうけど、変えた時に連絡する人間としない人間厳選してるんでしょうなあ~それで涼介は選ばれて大ちゃんはアウトと。そういうとこシビアだからねえ(笑)




裕翔と翔でどっちが本物の翔か対決ってネタを考えたのは裕翔なのか?自分たちで相手選んだって言ってたからさ。そのセンスというかぶっ飛び具合が裕翔っぽいね(笑)



というか、この二人名前だけじゃなく意外と似てるとこあるんだよね。お坊ちゃまな長男でキレやすくて怒ると怖いってとこが(爆笑)



ananの愛のダメ出しって企画でちぃちゃんが裕翔に「感情が表に出やすくて、口調が強くなるとこがあるから気をつけて。僕らは慣れてるけど女の子はびっくりしちゃうと思うから」なんて言ってるし、木曜の7ラジオでもおふさげ続けるごりぽんに「ちゃんとやろ」ってダメ出ししたのを涼介が裕翔怒ると怖いからって言ったのに対して、「大丈夫、ゆうてぃガチだともっと怖いから」とも言ってるからね。怒るとかなり怖いんだろうねえ(笑)



そんな翔対決だったけど、裕翔の飛び方はカッコ良かったね。ぶら下がりからのJUMPだったから、裕翔の抜群の跳躍力は活かせなかったのに、それでも大きな体を綺麗にJUMPさせててカッコ良かったね。




裕翔が勝ったあと、先輩相手なのにネタの櫻井_をガチにして「今後は櫻井_でお願いします」って言ってるのがマジレッサー裕翔だったな(笑)普通こういうとこだと先輩相手に気を使うものになのにねえ~~ここが一番笑えましたな(笑)





いのちゃんの相葉さん家からの照明カツアゲネタを聞いても、永ちゃんと会ったというネタを聞いても全く驚かないTOPというか嵐メン全員(笑)全部聞いてるんでしょうな(笑)つうか、永ちゃんがいるお店って相当な高級店だろうにいのちゃん連れて普通に行ってるんだね。それを聞いてるからこその羨ましくてニコリともしないTOPというのが笑える話ではあります(笑)



一番の運動音痴のいのちゃんが一番飛んだというミラクル(笑)体が軽い分飛びが良かったってことですかね?





ちぃちゃんが爺ちゃんを見る視線の熱さと表情がガチでヲタ(笑)爺ちゃんの国の共演でかなり距離は縮まった感じだけどねえ~~今後どうなりますかね。




キッキングで蹴る順番決めてなくて直前にあたふたするいのゆとちねの真ん中3人組。最後までワチャワチャやってて、裕翔が蹴ったけどホームラン(苦笑)順番くらい先に決めとけ(笑)



しかしキッキング下手だったな(苦笑)みんな経験済みのはずなのにねえ~~まあ、その分今後出演する口実が出来たからまた全員で来て欲しいですね。








Mステカッコ良かった。過去曲だと裕翔の出番が多い(笑)特に「シャドー」が1番の涼介じゃなく2番の裕翔の「シャドー?」だったのでかっこよくキメる裕翔が見れたのが嬉しかった。




相変わらず二度見芸芸人は健在だったし(隣のいのゆやも一緒にやるようになってるね(笑))小窓もいっぱい映って、Bzの曲口ずさんでるのとかジャスティンネタに反応してるのとかもよかった。




来週もあるので楽しみにしたいです。


VSJUMP…の続きを読む
スポンサーサイト



Hey!Say!JUMP | コメント:1 | トラックバック:0 |

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O

10周年の10とInputとOutputの頭文字のIとOを掛け合わせて「I/O」でインプット、アウトプット




中々洒落たネーミングだと思うね。ただ、これを考えたのが大ちゃんというのが驚くというかキャラが鈍るぞ(笑)小学5年生が考えるタイトルじゃないもん(笑)





がっつり踊るダンス曲と言われてた「I/O」だったけど意外と大人し目というか、途中でアコギが入ったりしてて意外な感じだったね。まあ、エレクトリックなダンス曲はふぁんた、OTTとあるから違った方向性ってことなんでしょう。「I/O」というタイトルに合わせた歌詞内容になってるので、タイトル決まってから発注したってことなんだろうから、LIVEのバランスとかも色々考えてってのもあるんでしょうね。





で、どうやらこの曲の振り付け涼介がやったようでどうなりますかねえ~~振り付けってのは爺ちゃんとか屋良っちとか抜群のダンススキルを持つ人だからできるんであってね・・・・・(苦笑)涼介ダンスそこまで上手くはないと思うんだけどねえ。ホントなんでもやりたがるジャイアンだことで(笑)





全員作詞、ごりぽん作曲の「H.our Time」の方も悪くなかったね。ちょっとというかかなり素人臭さのある曲調だなとは思うけど、それが手作り感になっててJUMPらしさにはなってた。5×10と比べるとなあ~というのは感じたけど、あれはyouth case作曲だもんね。そこを比べてはいけませんなと思った(笑)(つうかこの曲聞いて猛烈に5×10が見たくなって、HDDに入ってるアラフェス12のを見たけどよかったなあ~~最近見てなかったから久々に見たけどアラフェス12の5×10は演出含めて最高だったなと改めて実感)





リレー形式で作っていったらしい歌詞の方も、リレー形式な分統一感に欠ける嫌いがないわけではないけど(そこは最後にニノが纏めた5×10との違いではあるね)その分想いがストレートに出てて今のJUMPらしいなという感じがしました。





あと驚いたのが歌詞に龍太郎のことを書いたんだろうなってとこがあったってこと。「たとえ別々の道を 歩んでいたとしても 僕らは繋がっていて」ってのが前後の文脈からはちょっと唐突な歌詞になってて、龍太郎のこと入れたかったんだろうなというのは感じたし、未CD化曲のほうにも龍太郎って呼んでる古い曲も普通にそのまま入れてたのも含めて10周年を機にけじめを付けたってことかなという気はしました。





同じ10周年でも嵐以上に若いしなにより経験不足なグループだからね。嵐もずっと頼りない頼りないって言われてたけど、考えてみれば、10周年段階で国立もうやってたしゴールデンレギュラーもはじまってたもんね。JUMPの場合まともに経験積み始めたのは13年からなので経験値的には5周年くらいな感じだもんね。





いい意味でまだまだメジャーになりきれてなさってのが出てたと思うしそこがJUMPらしかったなと思った。





アホストの売り方が不快だし必要性もないので初回1は買わなかったんだけど(ブックレットはどうせ高画質なのが流れてくるだろうと思ってたら案の定だった。いい写真だったけどこれだけに5400円は高いわい(苦笑))通常版のWEBラジオは聞かないとと思って追加で買いましたが珍しい9人全員でワイワイ喋ってるJUMPでいい感じでした。





昔「裕翔くん」って呼んでたよねって話で涼介が嫌いだったって言ってて、ぶっちゃけすぎじゃ(笑)とは思ったけどね(笑)今の和解した関係性だから言えることなんだけど、裕翔はずっと好きだったんだろうからねえ~~ホント昔のバカッポーだな(笑)





このアルバムでどんな10周年コンになるか楽しみにしたいと思います。その前に明日のVS嵐だけどね。






クリスと再共演



検察側の罪人の追加キャストが発表になってヒロインの検察事務官が吉高由里子と




ラストレシピの剛ちゃんに続いてガツン(ガンツな!!(笑))組と再共演は嬉しいね。恐らく拓哉に付いてる事務官役だと思うのでニノとの絡みはあんまりないとは思うけど、番宣とかでクリスとニノの良い絡みを期待したいと思います。

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O…の続きを読む
Hey!Say!JUMP | コメント:1 | トラックバック:0 |

ぼくらの勇気

非常に面白かったし懐かしかった。随所にキンキ20周年の小ネタを挟みつつ20年前の事件と現代を上手く絡ませて本筋の話もきちんと出来てたし、ヤマトとタケルのキンキ二人が主役としてしっかり動きつつ、アキラとモリの泣き虫もいい感じで絡んでて2時間あっという間だった。




冒頭の寿司屋シーンでの相葉さんがイケメン過ぎて完全に御前様が残ってたね(笑)後半の逃亡中な感じとの対比には良かったけど、ちょっと高貴過ぎたかも(笑)





モリの映像と今の俺様続けて見せられると同一人物には見えんよな(笑)特に可愛いチビ潤時代だったからってのもあるけど、こうやって見ると20年で化けたんだというのがよく分かる。





裕貴は変わらずイケメンだったねえ~~一般人17年やってきたレベルじゃないよ。Pさまですら暇で人から見られない状況が半年くらいあっただけでも劣化した感じになるのにねえ~特に太ってなかったのが驚き。アラフォーの一般人なのにね。ダメダメの方がよっぽど太ってる(笑)





たいした出番はなかったけどそれでもちゃんと演技できてたし裕貴引っ張り出してきた櫨山GJだったね。インタビュー読むと1年くらい前から周到に準備したってことだったらしいからね。




あと、裕貴について相葉さんが、V6コンのあとの8J同窓会でも会ったって言ってたので、ニノが「15年ぶりに会ったって言って、滝沢滝沢って呼んでるんですよね。俺らはみんなタッキーなのに。そこの関係性は変わらないんだなあと思った」って言ってた相手はやっぱ裕貴だったんだねってのを知れたのも今回の出演の効果だね。





直後のLOVELOVEも非常に懐かしかったし、剛の病気というアクシデントは残念だったけど非常にいい20周年だったなと思いました。




あと、この展開見てると嵐の20周年はピカンチFinal制作確実だろうなと思ったね。15周年のは即席で作ったものだったけど、次は堤幸彦のスケジュールも事前に押さえてきちんと作るだろうなとね。その時はグローブ座限定ではなく、エイトレンジャーのように全国公開の正式な映画としてちゃんと作ってちゃんと終わらせて欲しいね。今の嵐ならビジネス的にも十分やれるはず。






VSで佐藤浩市の息子の寛一郎くんと俺様の関係について、小学校へ送っていったことがあるって言ってて、やっぱ親父通じて子供の頃から知ってたんだなと思ったけど、どうやらそんな程度ではなかった模様(笑)




10年前今は亡き懐かしのジュンスタやテレビの近況報告で、小学生で10歳の友だちがいて誕生祝いしたとか、誕生日プレゼント貰ったたとか言ってたことがあったようなんですが、その時にその相手の子供の事をカンくんって呼んでるっていうジュンスタレポがツイで流れてて、こりゃあ完全に寛一郎くんのことじゃんって事になった模様(笑)




だったらその頃のこともっと話して欲しかったなと思うけど、あまりおおっぴらに言うとそれでなくても言われてるのに七光りって言われるからしょうがないかな。寛一郎くんがもっとメジャーになったあとで昔子供の頃潤くんと友だちだったんですよとか言って欲しいね。




でも、このエピソード聞いて、寛一郎くんのデビューがナミヤ→ここさけとジャニーズ全面バックアップだった理由が分かったというか、浩市さんがジャニーズと関係がいいってだけじゃなく、松本様とも関係が良いことがあったんだなというのは腑に落ちた話ではありましたな(笑)





昨日の拓哉のラジオで収録中ラインの着信音が鳴って(携帯切り忘れてた模様)それがニノからのだったんだって最強人誑しワンコ絶賛活動中って感じですかな(笑)すでに撮影始まってるようですしどんな関係を作るか楽しみだね。






後半誌の裕翔が色々見どころ満載だった。なんといってもポポロのゆやゆとのジャンプ写真。




雄也の腰のあたりまで反り返りジャンプして腕は伸びて脚は綺麗に反ってて奇行種裕翔感満載な上に、横で見てる雄也の呆れた顔が尚おかしさを際立たせてるという最高の写真だった。よくこの写真選んだなというか、どういう流れでこの写真撮ったんだろ?ってレベルに変な写真で最高だった(笑)




やまちねと朝から晩までずっと電話繋いでオンラインゲームしてたとか、3人で食事に行ったあとカラオケにも行って「Puppy Boo」歌ったけど歌えなくなったとか書いてて、涼介に遊んでもらえてかなり楽しく過ごせてるようだなっていうのが伝わってきてほっこり。サンコイチに入れず一人だけぼっちって感じが長かったからねえ~(笑)




涼介が真紅で裕翔をライバルって言ってるのを読んだ感想文で照れてるのも可愛いかったし、涼介って雑誌とかでは言わないだけで裕翔のソロ演技全部見てるんだなとかも知れたし(菅田くんと裕翔の性格が似てるって言ってるのが両方と仲いい涼介ならではだなあ)全体的に良かったな。




ああ、あと10000字でいのちゃんが相変わらずの裕翔の顔担ぶりを発揮してるのも笑えた。「きっと裕翔は40歳、50歳になっても一番かっこいいんじゃないかな。この前、休みの日にちょっとだけ髭が伸びたのを見たんだけど、その姿がかっこよくてね。わたしとか、大ちゃんとか、年取ったら、きっと若作りなおじさんなわけよ(笑)大人の色気って出てこないタイプだと思う。でも、裕翔は50になってもかっこいい、渋い役者さんになってるんだろうなって最近思った」なんてデレデレだもん(笑)




ホントいのちゃん裕翔の顔好きだよね。同担だから非常によくわかります(笑)ただ、髭を勧めることだけはないようにお願いしますよ!!脚とか腕とかの状況見てると裕翔は髭も濃いだろうからねえ~~でも、お髭はNGで頼みます





来週はアルバム発売に期待通りのMステ。アホストの売り方の酷さには怒り心頭中ですが(想定より予約が少ないんだろうね。だから小出しに特典を出してきて釣ろうとしてる。未収録曲のCD化はいいとしても、すでにヲタの大半がメイキングつきで持ってるPV集が売り物になると考えてるところが浅はかというかなんというか・・・・嵐のときとは状況が違うんだよ!!10周年記念なんだからせめてJUMPartyをオマケにつけるくらいは必須だっただろうにね)初期曲メドレーは楽しみにしたいと思います。もちろん踊るというごりぽん曲もね。
相葉ちゃん | コメント:0 | トラックバック:0 |

山田は妻

QLAPのメンバーの関係性アンケートが非常に面白い。



山田は妻。夫婦漫才みたいな、ふざけあう関係と相変わらずの涼介大好きな裕翔に対して、これまた相変わらずの裕翔はいいライバルな涼介(笑)ホント一方通行だな。でも、これでも氷河期時代に比べたら裕翔にとっては天国なんだろうけどね(笑)




でも、ホントこの関係性は想定外だったね。まさかこんなに裕翔が涼介好きだったとはねえ~~センター奪われた相手だから嫌いなんだとばかり思ってたし、実際普通はそうなるはずなのにね(笑)




氷河期時代にサンチェに無理やりやらされたスパデリのイチャコキも今では楽しめるようになってるし、10周年記念を口実にして裕翔が更に積極的に仕掛けていくことを期待します(笑)



涼介だけじゃなくほかもメンバーのも興味深いの多かったね。M誌の10000字でも言ってたけど、ちぃちゃんにとって裕翔は最も親しい同級生なんだね。一緒に過ごした3年間の学生生活ってのは特別なんだなってのが伝わってくるのとか、やぶひかが揃って裕翔を弟扱いしてるのが笑えるのとかさ(入った時の生意気チビ裕翔からずっと見てるからだろうねえ~~最初の推され具合が自分たちの昔にも重なってただろうし、そこから今のイケメン裕翔への流れをずっと見てるんだからね)




楽曲に関しては「愛僕」や「レインボーキャンディガール」を推してるいのちゃんがさすがだったね。僕も愛僕投票したのに入ってなかった。アルバムダンス曲では1番いいと思うんだけどねえ~~その一方でここでもVampireを推す涼介(苦笑)大ブーイングだった一昨年のカウコンで愛僕外してVampire入れたのは確実に涼介のセンスだったんだなと改めて実感(苦笑)




センスないのに絶対エースで発言力も強いジャイアンだから質が悪い(苦笑)今年もセトリの土台は涼介が作ってるそうだからねえ~~メモリアルイヤーコンだからシングルは全部やるだろうというのは仕方ないとして、そこに何を足してどう演出するのか。俺様じゃないんだから贅沢言ってはいけないのは分かってるんだけどね。バンド曲のほうはひかゆとごりぽんで決めたそうなのでそっちは安心だけどね。




まあ、でも、ベストコンってのは難しいよ。新曲が少ないからどうしても既視感のあるコンになりやすいからね。それでもシングル3曲に全員作詞、ごりぽん作曲の曲、7とBESTも新曲なのは確実だから、あとはそこに投票のあった昔の曲をきちんと入れればいい感じになると思うんだけどね。涼介がきちんと考えてるかどうかはVampireが入るかどうかで分かるでしょう(笑)





ゆとやまでほっぺ膨らませて寄せ合ってるのとか、ちぃちゃんお姫様抱っこしてるのとか、いのちゃんとハート作ってるのとか小さい写真が可愛いさ爆発なのも




非常に内容の濃いQLAPでした。





音楽の日よかった。まさか明日へのYELLが聞けるとは思ってなかったので、裕翔のアカペラが始まって驚いたし超嬉しかった。タオル曲ってことで選ばれたんでしょうが、裕翔の目立つとこ満載で非常にラッキーだったね。今後もJUMPのタオル曲として目立つ所で使われていって欲しいね。





その音楽の日だけど中居との共演の仕方が旧派閥ごとに違ってて笑えるというかなんというか




キスマイ、セクゾンの旧飯島組→がっつりMCで絡む



JUMP、NEWSのジュリー組若手→MCとして多少絡む



TOKIO、V6のベテランメリージュリー組→一切絡まず(苦笑)



茂とのMC絡みとか楽しみにしてたのにねえ~~~司会なのに一切絡まないとは・・・まだベテラン組と絡むのは刺激が強いってことかねえ~~来年には茂の中居ちゃん呼び聴きたいですな。








キンキの20周年コンの方は剛がドクターストップならぬ光ちゃんストップで中継出演になって大変だったようですが、その分ゲストが豪華だったみたいですな。




初日がおっちゃんと斗真で2日目が師匠と泣き虫、ロバ丸に内まで来たそうで。泣き虫は愛されるより愛したいだけじゃなくKISSから始まるミステリーまで踊ったそうでこれは見てみたいなあ~WSでやるかと思ったら映像全く無くて残念だったね。剛が出れずイレギュラーな形になったから現地だけのものにするってことなのかもしれませんが果たして・・・・




ただ剛の難聴はかなり悪いみたいですね。よりによって剛の耳を悪くせんでもねえ~それでなくても精神的にも肉体的にも色々ある剛にとって音楽こそが救いなのに、その音楽に支障が出るようになるのだけは避けてあげて欲しいよ。なんとか良くなることを祈りたいね。
山田は妻…の続きを読む
中島裕翔 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニヤニヤが止まってない(笑)

当然のごとく相葉さんがババ持ってるのを一発で見抜くTOP(笑)




ヅラに渡った瞬間も顔の表情の変化でこれまた一発で見抜くし(というか上に出してたのを下げた段階で完全に見抜いてたのか。それを素直に取るヅラも天然さ爆発だったな(笑))にのあい萌えにはなっても予選でにのあい一緒にするのはゲーム的にはマズイよね(笑)まあ、それでなくても分かりやすい人な上に20年見続けてるTOPだから当然ちゃー当然だけどね(笑)





直接対決はなく20周年記念のような名言も出なかったけどそのわりにはしっかりにのあいっててよかったですね。




それ以外にも見どころ満載だった。ヅラの天然さ爆発は相変わらずだったし(ああ見えて天然そのものなとこあるからね。にのあいがバックについてたことすら記憶にないのもヅラならさもありなん。デビュー直後のバカッポー、98年頃のにのあい、99年頃のやまとまというセンターバックの流れすら全く覚えてないのがヅラだからな(笑)剛は覚えてると思うんだけどね)




しぃーとおにぃの兄弟対決に(BABA嵐じゃなく本編の針への糸通しで戸田恵梨香が最下位になった時にしぃだあと言ってたね)最強二宮をも引きつける最弱王上戸彩(笑)予選3つ目は完全に相葉さんが負ける展開で、シャッフルもいつもなら関係ないとこでシャッフルされて意味ないじゃんってなるはずなのに、あそこで相葉さんが1抜けになるようシャッフルされるのが上戸彩の最弱王力(笑)




これほど各組から上戸彩と関係の深い人ばかり選ばれてくるのは偶然の一言では片付けられない展開だったな(笑)






あとニノを平気で嘘を付くイメージと言い切るオグリッシュか(笑)




髑髏城観に行くってメールするところが嘘つきだよね(笑)絶対行くきねえだろうに(笑)ドタキャンして行かなかったのが嘘なんじゃなくて、観に行くってメールする所が嘘つきってのが凄いよ(笑)その上行ったって言い張るしさ。来なかったよね?って言うオグリッシュに行った行ったって嘘つくニノの様子が目に浮かぶようです(笑)




同世代で尊敬する役者は藤原竜也と二宮和也って言ってるくらいニノのことオグリッシュ大好きなのにねえ~~ハワイの結婚式もドタキャンしたはずだし相変わらず相葉さん以外には冷たい男だよ(笑)




最後ダメダメまで協力してみんなで二宮を負かそうとしたのに結局抜けちゃったのだけが残念だったね。一度はニノに最弱ジャケット着せたいし、そのニノを弄る相葉さんと言い返すニノの夫婦漫才も見たいんだけどねえ~番組的にはニノは最弱にならないってことが美味しい展開ではあるんだろうけどね。




本編も面白かった。針への糸通しでニノを1位に予想する相葉さんの言い方が完全にご主人様なのも笑えたし、P様のキングネタも鉄板だった。



高校卒業と同時に反抗期が表に出てきただけで、プラベの学校では高校3年位の頃から反抗期始まってたってことなんだろうなってのが伺える下級生のキング呼び(笑)チビ潤の頃の感じでキングとは呼ばないだろうからねえ~~(笑)




そのP様のTOKIOカケルで2000年正月の運動会の様子が流れたけど、まあ~みんな可愛かった。リレー対決でダメダメの足が早かったのにびっくりこの頃はまだ正統派キャラだったんだよねえ~~(遠い目(笑))めちゃ痩せてたし(爆笑)



あと、VSやTOKIOカケルでも感じたけどP様のビジュ完全に回復したね。去年の年末カウコンに出てきたときはかなり劣化感が強くて、さすがの人類の奇跡も32歳の年齢には勝てないかって感じたんだけど、ブサイクの人と亀Pやってる間にどんどんビジュが回復してきて、これが見られてる効果かあって感じだったな。このビジュのPブルーはホント楽しみです。






再来週27日のVS嵐にJUMP9人全員で登場と



ベストアルバム発売に合わせて登場だろうなと期待してたので期待通りで嬉しいね。裕翔とダメダメの翔対決とかあるみたいで(今回もスベったみたい(笑))非常に楽しみです。
にのあい | コメント:1 | トラックバック:0 |

にのあいでゲーム

昨日の少クラ収録で風磨がワクワクのこと話してたそうなんですが「嵐の楽屋が騒がしかったので覗いてみたところ、にのあいがきゃっきゃ言いながらテレビゲームしてた。携帯ゲームじゃなくテレビゲーム」だったという、潜入レポを報告してたんだって。




三十半ばのおっさん二人がテレビゲームをきゃっきゃ言いながらしてる姿





み、見せろ(笑)見たい。超絶見たい。そういうところを撮ってメイキングに入れてくれ(笑)





恐らくスタッフが1部と2部の間の暇つぶし用にテレビゲーム用意してたんでしょうが、それを二人できゃっきゃ言いながらやってるにのあいがホントにのあいだよねえ~~TOPが誘って相葉さんが付き合ってあげるって感じなんでしょうけど、それで付き合ってあげる相葉さんがホントいいお兄ちゃんだよね。そんな相葉さんだからこれだけ好きなんでしょうな(笑)





WSでも奥様運び再びがいっぱい流れてたけど、今回はテレビ向けに勝ちに行ったようで大阪初日のような萌え展開はなかったのが残念だったけど、それを遥かに上回る裏情報をレポった風磨GJだねさすがは嵐ヲタ。見るとこ分かってるな(笑)





ツアー日程はほぼ予想通りでしたね。去年の関ジャニのあわや中止の事考えても、嵐コンを北海道でやるのはもう11月でしか出来ないと思う。1日だけの関ジャニでも大混乱だったのに3日公演それも全国からヲタ集めてる嵐コンで大雪になったら大変なことになるからね。





クリスマス前後の東京ドームは必ず使わないといけないから(人気会場は前年に使った事務所に優先権があるというのが業界の慣例のようだから、誰かが必ず使わないと行けないんですよね)そこが嵐コンなのも決まってた。紅白司会を誰がするにしても(相葉さん続投なのかメンバー回しへ移行するのかは微妙な所やね)28日以降は空けておく必要もあるので今年は相葉ースデー当日コンだろうなと思ってたのも当たりだった。





ただオーラスが成人の日の3連休じゃなく一週遅れ、それも大阪だったのは想定外だった。大阪オーラスって今までなかったのにね。アリーナ時代も大阪は頭にやることが多くて全国ツアーのオーラスはなかったはず。




まあ、元々大阪は一番近くでも激戦すぎて逃げてる場所なんで(笑)想定通りの日程だったおかげでホテルも安く取れたのであとは当てるだけ。俺様頼みますよ!!




しかし、笑うというか呆れたのがワクワク終了後、情報が出てくるまでに流れまくったアジアツアーのデマ。ドームツアー&アジアツアー決定って情報が流れまくりだった。WSで流れたように大型モニターに5大ドームツアー決定って映像出てるのにどこからどう間違ってアジアツアーが追加になったのか。



数ヶ月前の文春記事を鵜呑みにした人間がツアー決定ってことでアジアツアーもあるもんだと決め込んで、そういう話をツイに書いて、それを見た人間が真偽も確かめずに拡散したってことなんでしょうけどねえ~~ホント最近デマが多すぎます。




つい先日もデ○リーニュースオンラインが書いた「VS嵐打ち切りへ」っていう根も葉もないジャニ下げの妄想の嘘記事が拡散されまくって、その騒ぎを見たVS制作担当の菅剛史が事実無根のハッシュタグつけて否定するなんて騒ぎがあったし、ほんといい加減にしないと自分たちで自分の好きなタレントの首絞めてるぞって話ですよね。




この手のネットアンチメディアは嘘八百書いて騒ぎになることで儲けてるんだからね。そういう話があるという体裁を取ることで名誉毀損とかから逃げつつ稼ぐ。デ○リーニュースオンラインとかJ-CASTとかが書いてることは嘘だと思っておけば先ず間違いないですからね。そこを本当に考えないとどんどん悪循環になるよね。
にのあいでゲーム…の続きを読む
にのあい | コメント:0 | トラックバック:0 |

誕生会

ワクワクの日に5人で飲んだってのは飲み会じゃなくニノのお誕生日会かよ(笑)




夜会で言ってたのは大阪で5人で飲んだってことだけだったので、土曜のワクワクの後のことかと思ってたたけど、日付変わった時に一緒にいたってことは金曜に前乗りでリハしてそれが終わったあとのことってことですな。




5人揃って飲み会ってのがツアー以外では中々できないことだからってのもあるんだろうけど、今回の飲み会は完全なニノの誕生日祝いだね。




初日だけやった奥様運びという名のにのあいイチャイチャ共々滅多にないニノの誕生日に一緒にいるという状況に対して、最愛のメンバーに目一杯ニノが喜ぶ祝い方をしてもらったって感じですな(笑)




しかし誰からも携帯に祝いが来なかったってのもニノらしいというかなんというか(笑)最近は涼介との付き合いもないのかね?涼介とか本郷先生からお祝い来ててもおかしくないと思うんだけどねえ~~まあ、本郷先生は日付変わった直後にすぐ送るってタイプではないし、乙女な涼介とはいえニノ相手だとそこまではしないかもね(笑)





さて、本日はワクワク最終日。ってことは今日か明日の朝刊にはツアーの日程が出るはず。例年通りだろうと思ってるしそのつもりで予定もしてるので例年通りでお願いします(笑)





裕翔のメンノンだけど、どこからどう見てもイケメンファッションモデルで超かっこよく何度見ても見飽きないんですが、横のモデルさんと背の高さ殆ど変わらないことで、裕翔の逆サバ読み疑惑が更に深まった感あり(笑)




調べたら「守屋 光治」って人で93年組の同学年なようなんですが、公式プロフィールでは身長185cmってなってるんですよね。その人と並んで頭の高さも肩の位置も殆ど同じ。靴の影響も多少あるかな?と思ったけど、裕翔が靴で向こうがサンダルの時だけじゃなく、裕翔がサンダルで向こうが靴のときも同じような感じなのでその影響ってわけでもなさそう。




ってことは、裕翔って公称の180cmじゃなく実際は183cmくらいはあるってことなんじゃないかな?という疑いが沸々と(笑)




高い方にサバ読みすることはよくあっても低い方にするってねえ~~って思うけど、背が高くなったことでセンター外された裕翔にとっては高すぎるってのは嫌なんだろうからねえ~~果たして真相やいかに(笑)
誕生会…の続きを読む
| コメント:1 | トラックバック:0 |

祝!いのピク登場

苦節1年3ヶ月、ようやく全員登場回以外ではじめて裕翔がいのピクに登場と



撮る方専門ってのもあるんだろうけど中々いのピクにお呼ばれしなかったからねえ~~やっと出て嬉しかったしいい感じにかっこいい裕翔でした。バンダナで髪を纏めてて邪魔なんだったら切れや!とは思ったけどね(苦笑)



あの前に開くサングラスは私物?それともコンの小道具?まあ、リハ始まったばかりで小道具ってこともないだろうから私物かな?




いのゆとといえば髑髏城の七人観に行ったのって偶然同じ日だったってだけなんだってね。連れ立って行ったのならより萌えたのにね。ちょい残念だった(笑)






そうそういのゆとと言えばブンブブーン出演



HOPEの時に出て欲しかったのに出なかったので超嬉しい。剛が入院中のロケでヅラと3人で浴衣着てかき氷屋めぐりだったとかで楽しみにしたいです。




バンダナといえば先週の夜会でハピコンドキュメントでダメダメが巻いてたのがニノとお揃いだったという萌えエピソードがいきなり投入されましたな。無印製品だそうですが、無印品をオソロで買うスーパースター軍団ってのが嵐らしいね。



先週の夜会ではあとに残って振り付け考える爺ちゃんの邪魔するためだけに釣り動画を探して送りつける二宮の話とか(釣り動画なんて興味ないのにねえ~~爺ちゃんへのいたずらのためだけに探して送る二宮を想像すると萌えるし笑えるな(笑))昨日の放送ではワクワクのあと5人で飲んだとか(そういう話はもっと詳細に語りなさい(笑))最近夜会で嵐の萌えネタが供給されることが多くなってきましたな。



トキカケ予告で「グループ最大の危機だったゆとやま喧嘩」って出てたから、大ちゃんや薮ちゃんの側から丸焼き事件のこと語られるかと期待してたのに、チク痛のことだけしか語られず超残念。その上そのチク痛の話すら殆どカットで、ゆとやまがどういう喧嘩したのすら流れないんだから予告詐欺も甚だしい(苦笑)




仲良すぎるJUMPで数少ない喧嘩話しな上に、ゆとやまの関係が改善したから普通に喋れるってことで外部でネタにするにはちょうどいいネタってことなんだろうけどねえ~~話すのならちゃんと話せよ!丸焼きまで含めてな(笑)




「丸焼きにしてやるよ」という裕翔の捨て台詞まで言って初めてオチのつくネタなんだからね(笑)そこを話さないといかんよ。いつかどこかで丸焼きのことまで含めてゆとやまとそれを見てたメンバーとで懐かしく振り返る形式で話して欲しいですな。




ゆとやまといえば、また裕翔が涼介に励まされたようで。10日発売のメンノンではじめてメンノンの本職のモデルと一緒の撮影があって、裕翔が「自分より背が高くてかっこいいモデルとの撮影で不安だなあ」って口にしたら、涼介に「全然大丈夫だよ。自信もてよ」って笑って一蹴されて凄く救われて自信を持って撮影に臨めたんだって。母になる事件に続いてまた涼介が裕翔を励ましてる萌展開と(笑)



で、その涼介の励ましを受けて臨んだ撮影のメンノン流れてきたけど超絶イケメンだった。先月の誰やお前?ってのとホントに同一人物か?(笑)ってくらい今月号はかっこよかった。涼介応援効果の威力半端ない(笑)好きな人に自信持って頑張れって言われたら頑張っちゃうよなって話ですな(笑)いずれにせよ、ネガティブで心配症な裕翔にとって涼介がいい精神安定剤になってるようでなによりですな。





その見た目と違って男らしく強い涼介がやまぺでブチギレてますな。



知らない人のために書いておくと、誰かが涼介と付き合ってることを匂わせるような投稿を何度かしてたようで、それで涼介がそういう女と付き合ってるんじゃないか?という話題がかなり広がってたようなんですよね。でも、どっかのワンコ(爆)と違って完全なネタというか嘘だったようで、嘘の情報が拡散されまくってる状況に我慢のならなかった涼介がやまぺで否定したということです。



雑誌とかに書かれたわけでもないのに我慢ならなくなってすぐ否定に動くところが涼介らしいよね。去年も嘘の妊娠させた話書かれてかなり憤慨してたしね。絶対エースとして自分が下手なことしたら大好きなJUMPの存亡に関わるっていう意識が強くて常に警戒して節制した生活してる分嘘書かれてると許せないんでしょうな。




でも、このネタが出てきたのって1週間くらい前だと思うのにもう涼介自身が把握してるってことはエゴサ頻繁にしてるんだろうな(笑)強気なくせにどう思われてるか気にしいでもあるからエゴサやってるんでしょうな。それをもっと別のに活かしたらいいのにね(笑)




ジョンでアルバムの投票について「僕はVampire」が選ばれると思ってたと言ってて唖然。一昨年のカウコンで復活した理由はやっぱお前かああ。シングル以外でヲタが一番飽き飽きしてる定番曲なのにね(苦笑)こういうのをエゴサで調査して活かして欲しいよね(笑)
祝!いのピク登場…の続きを読む
中島裕翔 | コメント:1 | トラックバック:0 |

Mステ最高!!

Mステマジ神!!




いや~~本当に最高のMステだった。ダンス特集のVTRって話だったから青春アミーゴのことで多少コメントあるかもねくらいな軽い期待はしてたけど、まさかサビをフルで踊ってくれるとはね。それもゆとやまが狭い所で肩寄せあってだもんね。夢のような出来事だった。




涼介だけじゃなく左隣のちぃちゃんの手も借りて両手を持って上げるチビ裕翔最大の見せ場を再現しながらダンス開始。



はじめこそ真面目にキレッキレダンスでやってるも直ぐに「せまい」「凄い狭い」「大人二人が踊るには狭い」と口にしだし、最後の方は笑いに走って隣の涼介を呆れさせるところまでホント裕翔全開だった(笑)最後涼介に親指出して軌道修正してもらって決められたのもよかった。



裕翔が目立ってただけじゃなく涼介と隣で二人で踊ってたというのもホントよかったね。涼介と一緒ってことで裕翔がニコニコだった。



裕翔担3年やってきて分かってきたのが裕翔って意外なほど涼介が好きなんだなってこと。TOPや師匠のLOVEではなく(爆)LIKEではあるんだけど、相当涼介のこと好きだよね。でも、涼介のほうはちぃちゃんやごりぽんが好きで、裕翔のことはライバルとしか見てない(笑)そこでかなり不憫なことになってるから、たまに涼介からゲームのお誘い受けたりするとかなり喜びまくってる(笑)



今回も子供の頃、涼介と仲良かった頃の青春アミーゴを一緒にやれて喜んでる裕翔が見れたのが良かったね。



本編の歌も良かった。まさか2番までやってくれるとはね。SPとはいえMステで2番までやるってのは嵐でもかなり売れるようになってからのことだからね。2番で雄也にあんな出番があったのも驚いたし、間奏のところのミスフロトリオが目立ってるとこもよかった。衣装も可愛かったし3連続新曲披露の中でもダントツにMステが良かったです。




女性グループの指振りを真似てるとこも可愛かった。惜しむらくは最後侯隆がちぃちゃんにキスしなかったってところかな(苦笑)カメラも寄っていかなかったけど、せっかくちぃちゃんが横に行ってキスされる準備万端だったのにねえ~~36のおっさんが恥かしがってんじゃねえよ!!そこはぶちゅーっとやれや!!(笑)




このMステの素晴らしさに引き換えMUSIC DAYはねえ~~Mステのアミーゴがあったから振り練習も完璧。MDでバックゆとやまが見れるもんだと期待してたのにスノーマンとストーンズだけとは・・・・・・・願いが叶う夏ってテーマなんだから願い叶えろや!!ここが最後のチャンスだと思ってたのにね。Mステがあってホント良かったよ。あれがなきゃテンションだだ下がりだったよ(苦笑)



本編もねえ~~デビュー10周年記念メドレーってことだったのに、新曲以外がカモナとRWMで代わり映えせず(苦笑)カモナは発表済みだったし、残る一曲は恐らくUMPかRWMだろうなと覚悟はしてたけどさ。





あと裕翔の髪型もよくなかった。あの横分け木野くんヘアーそこまで嫌いではなくてMステみたいに完全に乾いてる感じならいいと思うんだけど、濡れた感じで横に流すと大嫌いなMC・NINOMIYA化するからね(苦笑)僕の一番キライな髪型になるというのが・・・・・自分のヲタがゆるふわ前髪が好きなの分かっていながらいつまでヘンテコ髪型続ける気なんだか(苦笑)




センター外されてヲタも減ったことのトラウマが強い子だから、基本ヲタには媚びるしファンサもしっかりする子なのになぜ髪型だけここまで頑なにヲタの要望に反すること続けるかな。ライブまでにはゆるふわ前髪に戻りますように



それ以外は良かったけどね。シャッフルメドレーの歌終わりにセンターで爺ちゃんと並んでターン決めてるのはカッコよかったし、花唄の最後のところでけんとっとと肩組んでたのも、ちぃちゃんけんとっとと3人でくるくる回って楽しそうにしてたのもよかった。はじめ裕翔とけんとっとがふざけててそれに気付いたちぃちゃんが加わって3人で回って遊んでる感じが非常に可愛かった。




それ以上に素晴らしかったのが堂本光一withBならぬWith泣き虫!




代役と言ってもサビ少しだけかと思ったらあんなにフルで踊るとはね。めちゃカッコよかったよ!




にしても、木金くらいしか時間なかったと思うのによくやったよね。現地レポによれば乙女はかなり緊張してたようだけど、子供の頃バックで踊ってた曲を20年経って光一と3人でやるってのは感慨深いものがあっただろうね。




本編の歌の方も良かった。まさかBelieveとは意外だったけどテレビサイズフルで久々にしっかり踊ってるBelieveが見れて嬉しかったね。




あとはシャッフルメドレー前の勢揃いのところで相葉さんと話すのに夢中でカメラに気付かず、安田に肩をトントンと叩かれて慌ててカメラ目線になるTOPがですか(笑)お前ずっと一緒にいるんだろ?それなのに僅かな待ち時間でも相葉さんと話してるのかよそれも間に塚ちゃん、聡ちゃん、父さんと3人もいるのにお構いなしに相葉さんの方向いて話してるTOP(笑)





カメラに映るために全員集合してるのにねえ~~(笑)あれだけ一緒にいてまだ喋ることがあるのかよ!ってのが凄いよね。TOPの凄さを改めて実感しました(笑)




Venusダンスをやってるビジュが非常によくてそこが可愛かったのも良かったね。






忍びの国観てきました。非常に良かったです。エンターテイメントとしてとっても面白くよくできた忍者映画だった。話の筋もしっかりしてて、でも軽いわけではなく深みもあり、それでいてアクションも凄くて、一方で無門とお国との関係や、信雄パートもしっかりしてて、飽きることのないあっという間の2時間だった。





中でもちぃちゃんの信雄がびっくりするほど良かった。ちぃちゃんがバカ殿やって大丈夫なのか正直心配だったんですよね。いくらボンボンのバカ殿役とはいえ一人前の武将役だからね。それを幼いちぃちゃんがやって浮くことにならないかとさ。




でもそんなこと全然なくて信長の子に生まれてしまったプレッシャーとか焦燥とか、でもバカ殿だから傲慢なところとか、色んな表情、色んな感情がしっかり表現できてたよ。




それにちぃちゃんが幼い感じはまったくないどころか甲冑姿は色気もあったし、ちぃちゃん可愛いままかっこよさも兼ね備えてきて最高じゃんと思ったね。




爺ちゃん?爺ちゃんには何の心配もありません。それでなくても演技力高いのに無門ってホンマに爺ちゃんっぽい役だから嵌り役だったよ。監督が役作りしないでくれ。普段のままでいいと言った訳が分かりましたな(笑)




とにかく非常によくできた時代物、忍者物映画で楽しめると思いますのでまだの方はぜひ。





しかしこの映画自社映画だったんだね。オープニングのタイトルロゴこそ東宝とTBS映画のものだけでジェイストのアレはなかったけど、エンドクレジットで最高責任者のエグゼクティブプロデューサーがジュリーだったので「ああ、これ自社映画か」ってびっくりした。大楠さんもアソシエイトプロデューサーだったし、ここまで大々的にやって内容もしっかり作っててそれでも自社映画だってのに驚きだった。この分だと検察側の罪人も自社映画なんだろうね。それでここまでしっかり作れるのなら何の問題もないというか、原作小説あるとはいえテレビ映画ではないオリジナルの映画でここまで作れるようになると敵なしだなとは思いました。
中島裕翔 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |