Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

会見とZERO見て感じた希望

とても活動休止会見とは思えない和気あいあいぶりを見てこんな時でも嵐は嵐なんだなあと感心したし、無責任発言にブチギレるダメダメとそこをフォローしつつ更にぶった切るニノを見てホンマいつもどおりやねと笑った(笑)




でも聞きたいことあんまり聞いてないな。




二宮までやめるって言い出さないよなってとこは誰も聞いてない。誰か去年の夏以降=爺ちゃんの辞めたいを聞いたあとの一途で、嵐が解散したら俺は芸能界辞めるって言ってる記事示して今はどう思ってるのか聞けや!つうか、二宮もっと沈んでると思ったけど意外と明るいね。もう吹っ切ったってこと?でもねえ~~おかしくないか。




俺様は即座に解散は否定したけどなあ~~~





等々思いながらも、あと2年で終わりなのかな・・・・・しょうがないのかな。でも、我ながら見事な危機回避だわとも思ったりもしてた。ほら、いまの僕には裕翔とJUMPがあるからさ(笑)5年前のように嵐一本だったらもっとショックが大きかった。5年かけて逃げ道をよく作ってたもんだとね。これってバカッポーのときも同じで、翼の男らしい翼路線にブチギレて担降りしたのが08年の春頃だったけど、その直後くらいからバカッポーの活動が大幅に減少して数年なにもないって状況になった。結果的にいいときにおりてたんだよね。またうまく危機回避したわ。





なんて思いながら寝たのよ。それくらいでそこまでショックって感じではなかったんだけど、翌朝起きたらものすごく嫌になって急にショックが襲ってきた。






やっぱこんなの嫌だ!4人で嵐でいいじゃん。TOKIOも関ジャニもNEWSもカツンもJUMPもみんな一人減り二人減っても続けてる。NEWSなんて9人が4人になっても続けてるんだぞ!!嵐だけ5-1=0なんておかしい!!やっぱダメだよ!!って一日中考えてたし、テンション最悪だったんですよね。当然何も書く気も起きなかった。





でも、ZEROを見て根本的に意味を取り違えてるんではないのかと思うようになった。この活動休止って限りなく解散に近い、解散という言葉を使わないための方便としての活動休止なんかではなく、4人は5人での嵐を復活させる気だし、そのことを爺ちゃんにも納得させた。そのための仕掛けとしての休止なんではないかと思ったんですよ。だからこそあの嵐命の二宮が普通に笑って会見してたんではないかと。






爺ちゃんが17年6月、ニノの誕生日の前日に言ったことは(なにも誕生日祝いの席で言わんでもって思ったけど、よくよく考えたらここしか日がないんですよね。マネージャーすらいない5人だけの絶対に外部に漏れない状況じゃないとできない話なので、ホテルか誰かの家しかない。でも、事前になにも言ってないのに誰かの家に全員が集まるってのは難しい。5人が一緒のホテルに居るのはワクワクの大阪とツアーの東京以外。ただ、ツアー中は演出家は他のメンバーと終演後の動き方が違うし時期も半年近く先の冬。年間で考えてもワクワク大阪の前日のホテルってのは一番全員が集まりやすくて一番秘密が保持できるシチュエーション。そこまで考えて言ったってことですね。この17年6月って日程が、ゴローちゃんたちが退所を申し入れた頃と重なるので、SMAPの追放と絡めてたボケナススマヲタがかなりいてそんな話が流れてきたのは不快だったな。お前らのこととは全く関係ないわい!!)自分は20周年を期に嵐を辞めたいってことであって、嵐をその後どうするかなんてことは何も言ってない。これは間違いないところ。







それに対して残る4人はかなり説得したし、色んな手段も提案したけど、休みたい。一度自由になりたいという爺ちゃんの意思は固く、休むというところは動かせないと。相葉さんの言ってた「同じ方向を向いてないリーダーをずっと付き合わせることはできない」ってことだね。






こうなると残る4人に残された選択肢としては、解散するか4人で続けるということになる。それで解散ってことで意思の一致が図られたとは思えないんだよね。みんな嵐大好きだからさ。5人で嵐!5人以外ではやりたくないと言ってても現実に直面すると簡単に決断できるとは思えない。5人でやれてるときは5人じゃなくなったら解散するって言ってても実際そうなってみれば話は違う。それは僕が日曜に感じたことと月曜に現実感を持って感じたこととスケールは違えど意味合いは同じだと思う。嵐命の二宮だけでなく俺様やダメダメもそうだしなにより意外と相葉さんが一番頑固に同意しないと思う。ああ見えて頑固だし嵐への思い入れはニノに負けず劣らず強いもんね。





でもかといって嵐を4人にしてしまうってことに意思の一致ができるとも思えない。そうなったときに妥協案として出てくるのが爺ちゃんは休養して4人だけで活動を続けて復帰を待つという形が考えられる。これだと休みたい。自由になりたいという爺ちゃんの希望と5人で嵐という希望を妥協しながら叶えることもできるっちゃあできる。





元々テレビのレギュラーはいてもいなくても一緒(笑)問題は歌だけど、昔は爺ちゃんの歌唱力におんぶに抱っこだったけど、今は4人の歌唱力もそれなりには上がってきてるのでパワーダウンはするにせよやれなくはない。でもこれをすると爺ちゃんはもう帰っては来ないよね。来れないじゃなく来ない。はじめのうちは違和感だらけだろうけどそれもそのうち慣れてしまう。TOKIOだって達也がいなくなってまだ1年もたってないけど4人ってことに慣れていってる。





そしてその慣れた状態、4人でも嵐が回ってる状態を見たら爺ちゃん帰っては来ないよね。嵐も芸能界も去って自由になりたいというのが希望。一生困らないだけのものはもう持ってるし、画家として身を立てることもできるわけだしさ。何年かたって結局もう戻ってこないってことになるのは目に見えている。






じゃあそうならないためにどうするのがいいかってなったときに、爺ちゃんだけじゃなくみんなで嵐を休んでしまえってことになったのではないか。これだと爺ちゃんは希望通り一度休める。残りの4人にとっても解散はしない一方で5人の嵐を維持できる。なにより大野智を嵐につなぎとめておくことができる。そして爺ちゃんのやる気が出ることを待ち、いつか5人で嵐を復活する。これがダメダメの言う「全員が納得する着地点。みんなの思いがきちんと同じところに着地する」だったのではないかなと考えてみたんですよ。






こう考えて会見を見返すと、俺様が解散はしないって即座に言ったこととか、爺ちゃんが体型は維持するって言ったこと、二宮の表情が前向きだったことなんかもクリアーに見えてくるし、ZEROで有働さんに復活はありますかって聞かれたのに対して、かなり軽い感じで「復活はあります。あります」「いつかまた5人でパフォーマンスってことを頭の片隅に入れて21年以降活動していく」って言ったこととの整合性も見えてくるのではないのかなと感じたんですよね。






でも、これって爺ちゃんには物凄いプレッシャーのかかることなんだよね。だってこれって実質的に嵐の復活スイッチが大野智一人の手に委ねられているってことだからね。4人と少なく見ても50万はいるであろうヲタからの「まだ?」「まだ?」「もういいんじゃない?」「そろそろ復帰しない?」っていう無言の圧力を感じ続けながら休養することになる。





辞めたいって言ってたのに、休むだけ。それもずっとプレッシャーを受け続けることになる形でのもの。それを大野智は受け入れたってことになる。辞めるというところから大野智をそこまで引き戻した。その分他のメンバーも嵐の休止という犠牲を払った、みんなが少しづつ妥協し犠牲を払い結果として5人の嵐を守った。これが17年6月から18年2月まで半年以上かけて話し合いをつづけた結論であり、大野智を嵐に縛り付け、将来的な5人での嵐を復活させるための手段が活動休止なのではないのかと思うに至ったわけです。







都合の良い解釈かも知れない。でも、繰り返すけど「全員が納得する着地点」っていうものが、実質解散の意味を持つ表向きだけの休止だったとは思えないし思いたくない。なにより会見の発言や5×20コンで毎回話されている最後の挨拶の内容との整合性が取れない。嵐は本気で復活する気でいると考えたほうがすべてが繋がるんではないかなと考えるに至ったわけです。







会見でもうちょっと記者がまともな質問をしてくれてるともっとはっきりと感じられたと思うんだけどね。例えば「5人で嵐、5人で嵐といいますが、他のグループは一人減り二人減ってもファンのために必死でグループを維持している。なのに嵐だけは一人がやめたいと言っただけでグループを休止する。この差はなんなんですか」って事を聞くくらいのことやってくれてもいいと思うんだ。





無責任って聞いた記者が批判されてるけど、あの文脈での無責任って言葉のチョイスが正しかったかどうかはともかく、一人がやめたいって言っただけでグループそのものを止めてしまうってことは、他の4人のファン、嵐というグループのファンに対して無責任じゃないのかって聞き方はあってよかったと思うんだよね。





そのあたりの細かいところは今後の雑誌や(つうか二宮はこれを答えたくなくて一途やめたな(笑))ライブでの発言などから分かってくるとは思う。なにより来年の活動ですね。このまま過去を振り返るだけのものを来年まで続けて休止するのか、それとも未来を感じさせてくるのか。そこはよくよく注目したいなと思います。











あと各所で出ているuntitledの話、UBやCome Back、Song For Youの意味の深読みは全部間違ってると思います。爺ちゃんが辞めたいといい出したのはuntitled製作途中の17年6月16日深夜のこと。一方でuntitledの発売は10月18日で4ヶ月しかありません。プレス期間を除くと実質3ヶ月程度しかないんですよ。





元々嵐のアルバム作成って年明けにコンセプト決めをやり、そのあと何度も何度も打ち合わせを重ねながら秋に向けて作っていくという過程を経て作るものです。それを6月の後半から9月までの短期間に爺ちゃんを引き止めるとか、今後の活動のことを示唆するような意味合いを曲に持たせるような変更はできないと思う。





嵐は自分で曲を作るわけではないから曲を発注しないといけない。そのためにはコンセプトを決めてこういう感じでって指示するんだと思うんですが、そこでは様々な人間が関与することになるわけで、そんな大人数が関わるところで極秘中の極秘事項である、大野智が辞めたいといい出してるなんてことに絡めたことなんてできるとは思えないんですよね。






ここ最近情報漏れまくりだったジャニーズ事務所なのに今回は事前に一切情報が出てこなかったってのは、この件が5人とジュリーとジャニーメリー、あとはマネージャーくらいだけの極々少数だけで共有されていたからに他ならないわけで、音楽プロデューサーあたりまで情報共有してるとは思えないしね。






なにより6月16日に聞いてすぐ認めたわけではないんだよ。ずっと辞めないよう説得してたわけで、その説得している真っ只中に辞めること、嵐を休止することを前提にしたようなタイトル付けたり、歌詞を入れるなんてありえないし、説得するにしてもファンに向けてるユニット曲の歌詞で説得するっておかしいよね。




ただし、Song For Youをあのタイミングで出したことについては爺ちゃんの辞めたい意思ってことが影響してるのは間違いないと思う。どう考えても20周年のメモリアルで出すに相応しいあの曲をuntitledへ入れたことについて、相葉さんが「出せるときに出しておかないと将来どうなるか分からない」って言ってたけど、これは今にして思えば爺ちゃんの辞めたい発言があったからこそだと思う。ひょっとするとuntitledが最後になってしまうかもしれないという危機感はあったから出せるときに出しておこうとなったと。





でも、それ以外は違うと思う。UBの意味が「Until Back=戻ってくるまで」ってのはいくらなんでも飛躍しすぎだと思います。時期が合わない。UBが作られたであろう17年8月までにそこまでのものが決まってるわけがない。ふたりとも上下青の衣装だったことについては分からんけどね。爺ちゃんも一緒だという意味があったのかも知れない。でもそれ以外は関係ない。UBはあくまでにのあい曲であり相葉担TOP二宮の20年の夢の集大成だし、Come Backは元カレと元カノが15年の時を経て関係を戻した記念の曲だと思うね。
会見とZERO見て感じた希望…の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

| コメント:2 | トラックバック:0 |

活動休止

まさかこの文字を嵐のために書くことになろうとは・・・・・・・・・





最初は何の冗談だよって我が目を疑った。バカッポーのとき以上に信じられなかった。想像だにしてなかった。でもコメント読んでFC動画見て納得してしまったな。







ようは爺ちゃんが限界だったってことだね。もう疲れちゃったと。「一度何事にも縛られず自由な生活がしてみたい」これがすべてだわ。





1年半かけて説得したけどどうにもならんかったと。すばるがさっさと辞めてしまったことも説得を難しくしちゃったんだろうねえ~~






4人で嵐を続ける気はないってのは常々言ってたことだし、それは実際に実行するだろうなと思ってた。誰かに何かがあったとき嵐は終わるだろうな。TOKIOや関ジャニその他のグループのように残ったメンバーでは続けないだろうなとは思ってたので、この決断自体に意外な思いはないね。爺ちゃんのやめるって意思が固い以上この道しかなかったってことだな。






元々10周年で辞める気だったからな。それが10周年でみんなに祝ってもらったことで翻意した。だからそこから10年続けてくれたことを感謝するしかないってことかねえ~~でも、このことを15周年のときに口にしたので、逆にもう辞めることはないと思ってたよ。






おかしいとは思ってはいたんだよね。untitledを出すときのインタビューで翔ちゃんは「20周年は祝い事になって過去を振り返る年になる。だから、今年と来年は攻めるだけ攻めておきたい。それがその先の嵐に繋がる」って言ってた。ぶっちゃければ翔ちゃん自身がシングルコンのメモリアルコンにはあんまり意義を見出してないんだろうなって思った。僕と同じだなって思ったのよ(笑)恐らくそれは俺様や他のメンバーも一緒。嵐は自分たちで表現したいことはライブにだけあるっていうグループだからね。自分たちがやりたいことをやる普通のアルバムツアーをやるのがなにより重要。だから15周年をやらなかった。普通にアルバム出して普通にツアーをやった。





その嵐が20周年ツアーを前倒しして2年に渡ってやるってのはなんか変だなとは思ってた。ただ、それはファンに感謝を伝えたいっていう嵐の想いゆえなんだろうなと思い込もうとしてた。でも、そうじゃなかったんだね。





言い出したのが17年の6月中旬(つうか、ニノの誕生日の頃じゃん(苦笑)嵐命のニノの誕生日頃に言わんでもねえ~~)この時点でuntitledは動いてたからね。先のことも考えていただろうし爺ちゃんを説得することも頑張ってたはず。でもダメだったと。





すばる、達也、たきつば・・・・・これだけどんどん辞めていったらそりゃ説得もできんわな(苦笑)




「一度何事にも縛られず自由な生活がしてみたい」って言われてしまうとねえ~~いままでありがとうって言葉しか出てこない。



でも、何が辛いって。嵐のライブがもう見れなくなるってのは本当に辛いね。松本潤が嵐とともに作り上げるライブが本当に好きだったからね。




とりあえず会見を見る前にとりとめもない想いをそのまま書いてみました。会見見たら感じ方も変わるかな。変わらんだろうな。まあ、ベイスト時間に放送される会見しっかり見たいと思います。
| コメント:2 | トラックバック:0 |

完全会員限定

ここまでやるとは思わんかったね。1名義2枚までで同行者も会員のみ=会場に入れるのはFC会員だけ。その上代表と同行各1回ずつしか申し込みできない。





ジャポアリが会員限定で同行も含めて1回だけだったので、それに比べると同行1回分は増えてるとはいえ、小さめのアリーナが大半で実動員数20万程度だったジャポアリと違って、今回は5大ドーム32公演で実動員数135万程度はあるツアーでここまでやるとはね。そりゃ「安心してください、入れますよ!」@俺様だわな(笑)





1年以上の期間をかけてジャニーズどころか日本芸能史上最大のドーム50公演という空前絶後の規模を確保した上で、その公演を全て会員だけにするってのは本当に凄いし、20周年の感謝をファンのみんなに直接伝える。そのために全員が入れるようにするんだという嵐の覚悟と熱意とそれを実行に移す行動力には感服するし称賛しかないね。





でも、これさばけるのか?(笑)純粋な数だけみれば先行する18公演分の当選者を除けば135万ってのは残ってる会員数とほぼ一致するとは思う。でもねえ~~東京ドームと札幌ドームじゃ意味が違うからな(笑)これでも東京ドームは足りないと思う。一方で札幌ドームはキツくないか?客の8割以上は遠征客であろう札幌ドーム6公演を1名義2回しか入れないって制約つけて本当にさばききれるのか?ってのは疑問ではあります。公演まで長いからさばけなかったら追加募集とかすることも視野に入ってるのかねえ~~




会員番号の末尾数字で当落と入金時期を2回に分けるとか、落選メールは送りませんとか、コンサート事務局とは思えない混雑回避策までとって準備万端整えてやってるようだからそのあたりのことも考えてはいるんだろうけどね。






いずれにせよ、これだと交換とか考えなくていいし、名義を来年に残すとかも今年に限っては考慮せずともいいな。予定通りに春のヤフオクで大丈夫だと思いたい。運良く両方共前半番号だしね(笑)ちゃんと当ててくださいな。





誕生日前日のVS嵐で、最後の最後に自分が決めれば勝てるってところで1本だけ倒せずに敗戦。さすがミスター残念(笑)こういうところがホント笑いの神に愛されてるんだよねえ~~(笑)






VS嵐のオープニングで花束を渡したのは、




ニノ→竹内結子
歌広場淳→マツジュン




に続いてロバ→櫻井翔が3例目と(笑)




ホンマなんでここまでロバはダメダメに心酔しちゃったのかね。大昔は翼に憧れてるって言ってのにさ(笑)




にしてもロバのビジネスヤンキーって普段からやってんだな(笑)職質されるってどんだけガラ悪く歩いてんだか。








昨日のルパンSP。中々面白かったけど次元の中の人こと小林清志さんラストっぽいね。「グッバイ・パートナー」ってタイトル付けて、次元が敵になるって触れ込みだったけど、敵になったのはほんのちょっとの間だけ。脅されたとかの理由で次元がルパンと敵対するような形になるって展開は時々あるお約束な展開でわざわざ「グッバイ・パートナー」なんてタイトルつける話ではない。



なのにあえてこのタイトルを付けたのはオリジナルメンバー最後の一人である小林清志さんへの敬意と惜別の意味ってことだろうね。たしかにあまり声が出てなかった。もうお年だしねって思って調べたらなんと御年86歳!次は厳しいってことなんでしょうね。




嵐は小林さんには本当にお世話になったからね。C、D、Gの嵐に宿題くんと実験SPのナレーターをずっとやっていただいたからさ。今と違ってバラエティスキルが決して高くない嵐のそこまで面白くもないネタでも(爆)誰もが知ってる次元の声のナレーターで色々と弄ってもらうことで笑える感じに持っていってた。翔ちゃんのダメキャラ、残念キャラって小林さんの弄りの声で作り上げられていった面強いもん(笑)しやがれになってナレーターが小林さんから変わったときはみんな残念がったものです。




どんな状況なのかはわからないけどいつまでもお元気でいて欲しいですね。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

| コメント:0 | トラックバック:0 |

W中島対談

先月号で予告されたときから楽しみ半分ヒヤヒヤ半分だったW中島対談でしたが、ある意味予想通りの内容だったな(笑)





けんとっとが褒め殺しレベルに過剰に裕翔を持ち上げ、裕翔が照れながらもまんざらでもなく付き合いつつ褒め返す(笑)いずれにせよあんまり深い話にはならないだろうなと思ってたのよね。思ったとおりだった(笑)




自分もドラマ撮影で忙しいだろうにSUITSを断片的にせよ見てるのは凄いな。2話でのやり直しの超高級店でのスーツ購入シーンでの靴選びとか、砂里とのキスシーンとか印象的なとこしっかり把握してるからねえ~~本当に元々見てたのか、実はこの対談用に見たのかは謎ですが(笑)





SUITSだけじゃなくピンクとグレーもしっかり見てくれて、今後の共演パターンまで考えてくれてるのに、裕翔の方はけんとっとの作品を一度も見たことがないと(笑)ちぃちゃんも出ててJUMPが主題歌のみせコドすらみてないとはねえ~







裕翔とけんとっとって、同じ中島ってだけじゃなく、イケメンで高身長で演技力抜群と一見完璧なように見えて、ちょっといやかなりおかしい頭のネジが一本抜けてる奇行種(爆)とかなり類似性高いんだけど全く絡まないんだよね。今はともかくBI時代はバックにも付いてたし少クラでも毎月共演してたのにね。連絡先を10年前に交換したまま、それも仕事用携帯とはね(つうか、裕翔がプラベ用と仕事用で携帯分けてることにけんとっとが驚いてることに驚いた。このクラスの芸能人なら当然のように分けてると思ってたよ。)






類似点が多いとはいえ、超ポジティブ人間と超ネガティブ人間という決定的な違いがあるのが大きいんだろうなあ~~あと、コミュニケーション能力抜群なけんとっとと違って裕翔は同年代とのコミュニケーション能力超低レベルだからねえ~~(笑)少クラで共演してた頃の裕翔だと後輩のけんとっとと仲良くなるってのは難しかっただろうなとは思う。なによりけんとっとは涼介を見てジャニーズに入った涼介信者の一人だから、当時の裕翔とは相容れないしさ(笑)





にしても、けんとっとのポエム作成能力の高さには驚くな。3分で作ったものとはとても思えないクオリティの高さだ。さすがラブホリ王子様だな(笑)






まあ、でも、共演はいつか実現して欲しいね。写真で見ててもホントかっこいいイケメン高身長バディだからねえ~~共演したらもっと関係も深くなるだろうしさ。連ドラは難しくても映画あたりで実現することを期待しています。







その裕翔だけどホントビジュが完璧!なにより髪型が完璧(笑)これが狙ってのものだから褒められる!!





JUMPページで「SUITSの撮影終わってまずやったのは髪を切ること。役で前髪上げる必要あるから伸ばしてたけど、ファンの子は前髪がおりてた方が好評なようだから、クランクアップしてすぐ美容院へ行ったよ」って言ってるんですよね。





よくわかってるな(笑)アイドルに必要なものとの問いに「前髪!」と答えたけんとっとほどではないにせよ(爆)自分のヲタが何を望んでるかちゃんと理解してて、演技仕事が終わったら即それを叶えようとしてくれるってのは嬉しいしありがたいね。髪切ったビジュで最初に登場したのがMステライブ。絶対エゴサしただろうし、ヲタが大絶賛したのも見てるだろうから、今後もこの姿勢を続けて欲しいね。





ケンケンがラジオで元旦恒例のジャニーズ初詣のことを話してたんだけど、涼介が茶封筒に入れた小銭を持ってきてて、お賽銭持ってきてないメンバーに配ってたんだって。





この話超萌えた。ケンケンは涼介をJUMPのリーダーだと勘違いしてて、責任感強いなあ~~なんて感心してたけど、センターなだけでリーダーじゃないからな(笑)ただただメンバー大好きで世話好きなだけ。これまでも持ってない~~~ってことがあったんだろうね。だからちゃんと準備しておく。ホント涼介らしいし小銭配ってる様子を想像すると超絶萌えるね。







本郷先生がゲームのインタビューに答えてるんだけど。ドラクエXやれ!って言った業界の先輩って完全にニノのことだよな(笑)




「弱くても勝てます」(「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」)っていうドラマの撮影中だったと思います。「DQ好きだよね? DQXやってないの?」って聞かれて、「DQXはハマりそうで怖いから手を出してないんです」と答えたんです。そしたら「やれ」って言われて始めました。






ニノ勝て出演者でこんなこと言う先輩ニノしかおらんよね。先生仲間に引きずり込んでたとはねえ~~よっぽど気に入ってる後輩じゃないと自分から引きずり込むなんてしない子だからやっぱ本郷先生ホント気に入ってるんだな。





にしても、この写真の本郷先生ちょっと老けたな(笑)って思って調べたら本郷先生もう28歳なんだね。ガツンは(ガンツな!(笑))二十歳のころだから老けてもおかしくはないわな。
W中島対談…の続きを読む

テーマ:Hey! Say! JUMP - ジャンル:アイドル・芸能

中島裕翔 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SENSE or LOVEオーラス

SENSE or LOVEコンオーラスヤフオクドーム無事終了したようですね。




特に発表ごともなく、ケイティや圭弥呼に変わるオーラスキャラの登場もなし。ダブルアンコでドリカム歌って生声で終了だった模様。せっかく福岡まで遠征してくれた濃いヲタにもう少しサービスしてもいいんではないかいと思わなくもないけど(実際かなり余ってて暴落もしてたしね(苦笑)インフルエンザ時期ってこともあったにせよ、JUMPにヤフオクドームはちょっと早かったかな。まあ、空席が目立つってほどではなかったようだから想定の範囲内ってことではあるんでしょうがね)まあでも、オーラスキャラは圭人の芸だからな。他のメンバーがやるのではなく本人が帰ってくるのを待ったほうがいいかな。





晩夏の武蔵野の森から真冬のヤフオクドームまで11箇所、31公演(和歌山中止分除く)5ヶ月弱のJUMP史上最長のロングツアーお疲れ様でした。





レポでも絶賛しまくったけど本当に最高の僕の望む僕の大好きな踊るライブでした。JUMPがこれだけのライブを作れたことが本当に嬉しかったし楽しかった。この最高のライブに人生最高回数入れたのもよかった





これだけ踊ってても裕翔は今年の抱負で更に踊るライブをやれるよう頑張るなんてことも言ってるくらいで、JUMPが踊るライブというものを極めようとしてくれているのが嬉しいし今後が楽しみです。





そのライブをしっかり流してくれた少クラプレミアム。いつも素晴らしいけど今回も本当に素晴らしかった。BANGERだけじゃなく、色んな曲流してくれた。TTGのサングラス外しのところなんてBDでは寄りになるから引きで映ってるのはこれだけだろうし、7回も見たのに全く気付けてなかったことにも気付けた。女王蜂で涼介たちがあんな踊ってたなんて知らんかったぞ(笑)ドラム裕翔ロックオンで裕翔しか見てなかったからねえ~~(笑)





ソロもしっかりあった。裕翔ソロは当然良かったし、涼介のおっぱいもよかった(笑)Pさまほどではないけどあの顔であの乳はもうおっぱいだよな(爆笑)





あとは一日も早くツアーBD(ここが重要!!)が発売されるのを待つばかり。今年は嵐がなくて余裕あるはずだからな。早く作って出してくれよ!!





あと、年をまたいだツアーも終わったことだし、そろそろ新曲のお知らせも待っていますよ。8月から全くリリースないからねえ~~藪ちゃんの舞台があるから4月には出せないからねえ~~3月には新曲発売ができるよう動いてくれていることを期待しています。

テーマ:Hey! Say! JUMP - ジャンル:アイドル・芸能

Hey!Say!JUMP | コメント:1 | トラックバック:0 |

カップル

ジョンZOOMのゆとやまがもうどこからどう見てもデート中のカップル




高身長なイケメン彼氏とちょうど釣り合った身長の美人の彼女が楽しそうにデートしてる様子をインスタントカメラで撮った様子にしか見えない(笑)裕翔が涼介の肩を抱いてコツンと頭をくっつけて涼介がぶりっこで顔を膨らませてるところなんて完全に高校生カップルのデート写真そのものだわ(笑)





ほら、僕って腐男子じゃん(笑)(おっさんが自分で言うな(笑))だから、翼と師匠のバカッポー、にのあいと自担が自他ともに認めるカップルなのをずっと楽しんできたんだけど、裕翔はそういう感じじゃないからそこは楽しめそうにないなあ~~ってのが裕翔担になったころの感想だったんだけどねえ~~まさか涼介とこんなラブラブカップルになれるとはね(笑)ライブで公開告白までするようになるんだからねえ~~ホント変わるもんだ。





あと笑えるのが裕翔の行動パターンが二宮と一緒ってとこね。なにがって?LOVEとLIKEの使い分け方が(笑)





別の雑誌じゃあいのちゃんをベタベタベタベタと触りまくってるんだよね。これって完全に爺ちゃん弄りまくる二宮だよ(笑)LIKEな相手=爺ちゃんにベタベタしまくるスキンシッパー。ただしLOVEな相葉さんにこういう触り方は絶対しない。裕翔も同じで、涼介には肩組む以上のことはコン本番以外では中々しないもんねえ~~(笑)この行動パターンの類似性は非常に笑えます。







JUMPカレンダー蜷川実花がかなりエロく撮ってるみたいね。花やしきでワチャワチャと遊んでるパートと蜷川実花がエロく撮ってるパートとの2本立てでかなり良さそう。カレンダーかさばって邪魔になるから最初は買う気なかったんだけど、宣伝が上手くてとうとう予約したわ(笑)





今週のリトラは面白かった。半分以上寝落ちするのに今回は珍しく最後まで見たもん(笑)話術でどんどん騙されていく裕翔が超可愛かった。素直なタイプだからこの手の誘導には引っかかりやすいんだろうねえ~~




あとニノがよくやるカードマジックのネタが知れたのも良かったな。手の感覚で何枚目に入れたのかってことを分かるよう訓練してるからできるってことだったとはねえ~~だから器用なニノがマジック得意ってことなんだね。






今月のオトノハは感動的だったね。翼翔組の元シンメだもんね。翼はハイタッチのつもりだったのに、翼を見てると思わず手を握ってしまったってのは萌えるな。





ライブでの挨拶のことも書いてたけど、推敲しまくって事前に準備してるものを言ってたのね。もっと即興なのかと思ってたよ。まあ、ダメダメだけの話でニノとかはその場で考えてるっぽいけどね。




その挨拶で思い出したけど、どこの挨拶だったか忘れたけど「ヲタに古参も新規もないと思ってるけど、昔、客の入りが悪かった頃、私が入らないと空席ができちゃうって思いながら毎公演入ってくれてたヲタには恩がある」みたいなことを言ったみたいなんだけど、それを聞いた当時毎公演入ってたヲタが口を揃えて、楽しかったから入ってただけだもんって反応してたのには笑えた(笑)






そりゃそうだよね。申し込めばみんな当たる全員プレゼントなんて揶揄されてた時代の嵐コンに行きまくってたヲタってそれが楽しかったから行きまくってただけだもんね。それをこういう風に言ってしまう。それも推敲しまくって事前に考えてた話でというのが笑えるな(笑)ダメダメっぽい思考っちゃあダメダメっぽいけどさ(笑)







「株式会社ジャニーズアイランド」代表取締役社長滝沢秀明





100%子会社とはいえ一族以外で代表取締役社長になったのって師匠が初じゃね?凄えな。ここまでちゃんと体制を整えるとは想定を超えてるわ。つうか、やっぱ引退を去年の夏頃に急に決めたって言うのは嘘だな。もっと前から色々動いてたんだと思うわ。






その社長師匠最初の仕事がグループメンバーの増員とはねえ~~あんまりいい事じゃないよ。いくらジュニアユニットでもメンバーの増減はやらないほうがいい。ただ、いまのジュニアにはほとんど興味がない僕の目から見ても、ストーンズと比べるとスノーマンは更に地味な感じだからなあ~~テコ入れが必要だったのは事実。それで足したってことだろうね。ABCにハッシー足したようなもんではあるんだろうからねえ~~ABCはハッシー足したからなんとかデビューまで行けたからな。なんとも難しい問題ではあります。






というか、新社長最初のアイデアってことになってるけど、この増員かなり前から決まってたことっぽいんだよね。知ってる人も多いと思うけど去年の12月の頭頃、この先のジュニアの活動計画案の書かれた極秘資料が流出してるんですよね。そこにはスノーマンの増員計画も書かれていた。こんなのホントに流出するの?誰かがネタで作ったもんじゃないの?って思ってたけど、スノーマンだけの増員が本当だったことでかなり信憑性の高い資料だった。そんなもんがなんで流出してんだよ!って話ではあるけどね。



いずれにせよそういう裏のある話なので新社長の最初のプロデュースっていう体裁を取ってるだけで師匠が本当に決めてるのかどうかは分からんね。つうか、入れた子って全然知らないけど15歳ってことを踏まえるとジジイの思いつきじゃないの?って気がするわ。美少年のグループ名の迷走とかどう見たってジジイの暴走としか思えんからまだ色々やってるっぽいもんね。





東京B少年っていい名前だと思う。少なくとも美少年と自分たちで言うよりよっぽどいい(笑)それをSexy美少年に変えさせて、1ヶ月もせずにただの美少年に再変更でしょ。こんなセンスのないことやるのジジイしかおらんだろ(苦笑)ホンマ棺桶に両足突っ込んでもまだ暴走してるわ(苦笑)夢だったグループデビューを潰され、翼との恋路を邪魔されまくって苦労しまくった師匠が、ヲタやジュニア本人の気持ちにより添えないの事するわけがないとは思う。





まあ、でも、このおじさんジュニアたちどうする気なんだろうね?それでなくてもデビュー組多いのに、キンプリどころかセクゾンより年上の平均年齢23歳とかのグループをデビューさせてもしょうがないっしょ。そこまで売れるとも思えないしさ(笑)次はなにわ男子とかハイハイや美少年世代からじゃないと世代バランスも悪い。




ここをどうするかが差し当たっての最大の問題ではある。ジャニーズ事務所ってジュニアとデビュー組の差が大きすぎるからねえ~~でも、それがあるからデビュー組が上手く回っているんだよね。デビュー組には絶対の身分保障と定期的な仕事。あとは金銭面でもちゃんとする。ここがしっかりしてるから、例え一時的にグループ内で格差があってもそのうち自分にもチャンスが回ってくるってのがあるから人間関係壊れずにやっていけてる。ここがジャニーズの安定性の秘訣。





ただ、それが崩れかかってるからね。あまりにもデビュー組が多くなりすぎてるから仕事が回しきれてない。多すぎるから事務所内でも誰が誰か分かってない(苦笑)トキカケで後輩たちの名前言えるかゲームやってたけどホント酷かった(笑)ジャニストだと親方ですらかなり怪しいとはねえ~恐らくJUMPまでなんじゃないかな?裕翔はTOKIOのPVに出たこともあるし、ちぃちゃんは必殺してるのとかもあるから、クイズにはなってないけどJUMPだと分かるとは思う。ああ、でも雄也とかだと微妙かもね。それより年下だとかなり厳しい。横尾が分からんとはね。





こんな状況でこれ以上微妙なデビュー組増やせるわけないからねえ~~でも、このままってわけにもいかんだろうしさ。そこをどう着地させていくかが新社長の仕事ってことになっていくんだろうね。ホンマ大変な役回りになったもんだわな。

テーマ:Hey! Say! JUMP - ジャンル:アイドル・芸能

ゆとやま | コメント:0 | トラックバック:0 |

MAIN

あのチビMAINの映像はじめて見たな。スタンド・バイ・ミーの宣伝でWSに出たってところか。当時のニノらしさ全開のやる気の無さが笑える(笑)しかし、よくまあこんな地味でやる気の全く見えない子を抜擢したもんだよ。この頃はまだジジイの眼力残ってたんだな(笑)





にしても、口から出まかせ宮全開で心にもないこと喋りまくったことを弄られて恥ずかしがってる二宮は笑えるな(笑)ポポロのあの手の質問なんて100%口からでまかせの嘘しか答えてないもんね(笑)






大阪のMCによれば今年の正月はテラフォーマーズを1巻から読んで最後はP様の映画まで見てたのと、あとはいつもの領収書整理だったそうで、今年は相葉さんとの新春デートはなかったようですな。二年連続は避けたか(笑)





でもねえ~~9日に櫻葉が自主練を一緒にやってそのあと二人で高級蕎麦屋へ行ったそうで、それをMCではじめて知ったTOPが何時?何処へ?って鼻息荒く聞きまくってたと聞いて、そんなに気になるのなら我慢せずにデート誘えばいいのにねとは思ったな(笑)






CDTVで元日のJUMPコンの映像が流れた。名古屋の「どですか」でBANGERが少しだけ流されてたってのも見たし、元日の取材日って雑誌だけじゃなくテレビも一応入ってはいたってことなのかな?





1分もない放送だったけど、内容は満足。いのゆとのマエヲムケでのおふさけと、MCであけましておめでとうございます~って言ってるとこで裕翔が「タン、タンタンタタタタタン」って正月の琴の音を口で言ってる新春一発目奇行が流れたのがよかったね。特にMCの新春挨拶ってパッケージではカットされる可能性大だからさ。JUMPって毎回MCカットするからね。




YOU&Iも流れたけど、あの直前に裕翔の涼介への公開告白があったらしく、そこまで流してくれよと思ったけど、1分もないところで、いきなり「僕、君のことが好きです」なんて言ってる映像は流せないわな(笑)それでも、裕翔の涼介とイチャイチャできて嬉しそうなデレッとした笑顔は見れたからよかったね。
MAIN…の続きを読む
ニノ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゲームがやりたい

SUITSの撮影がクランクアップした直後に裕翔が涼介に送った連絡が「ゲームがやりたい」




か、可愛い。ずっとゲームやりたい!涼介とやりたい!って思いながらSUITS撮影頑張ってたんだろうね(笑)SUITS中はゲームやる暇なんて殆どなかっただろうし、なによりプレッシャーでそれどころじゃなかっただろうからね(それでも少しだけやったみたいだけど(笑))




みんなと一緒にゲームができるってのが相当嬉しかったようで、ちぃちゃんにも「幸せそうだった」って言われてるし、雄也にまで「楽しそうだった」って言われてるからねえ~~





僕がヲタになった頃ですらまだJUMPの中で浮き気味というか、プラベでメンバーと遊ぶなんてのもホント殆どなかったのにね。変わったもんだ(笑)特に涼介とここまで仲良く遊べるようになるとはねえ~~最初に連絡とったのも涼介っぽいしさ。元々涼介大好きだったけどようやく相思相愛になれてよかったよな(笑)





その裕翔の想いにちゃんと付き合ってあげる涼介もエライね。SUITSのクランクアップしたときにメンバーが夢中になってたのは12月7日発売のスマブラ。でも、裕翔やメンバーの各種発言を総合すると、裕翔がやりたかったゲームはスマブラではないっぽいんだよね。それなのにスマブラやりたいのを我慢して裕翔のやりたかったゲーム(恐らく涼介はもうかなりやりこんでる)に付き合ってあげるのが良いよね。





オンラインでゲームしててマイクから聞こえる声も生き生きしてたって言ってるからねえ~~ずっと我慢してたゲームを大好きな涼介とやれて楽しくて仕方ない裕翔の様子が目に浮かぶようだし、その流れで二人で呑みに行くかってことになったんだろうなと思うと一段と萌えますな。





その裕翔の正月は恒例の家族旅行だったようだね。弟くんのツイッターに旅館の浴衣写真が上がってた。恐らくPhoto by 兄ちゃんだと思う。静岡で目撃情報があったようなので熱海かな?そんな話もどこかでは聞けるといいんだけどね。







僕は一つ勘違いしててドームのWSが正月明けに放送されるもんだと思い込んでて期待してたんだけど完全スルー。なんでないんだろ?って思ってたんだけど、よくよく考えるとドームって完全にアリーナツアーの延長線上のものなんですよね。全く別のライブ扱いだった去年どころか、CarnivalやDEARですら別タイトルが付けられてたけど、今年は完全にSoLコンの追加公演ドームという扱い。1ツアー1WSが原則だから、アリーナの初日にWSが流れてる以上、ドームのWSはないんだよね。





雑誌の取材日の方はちゃんとあったようで、ジョン、ガイドにはちゃんと載ってて、スーパーゆとやまタイムでのメガネかけも載ってていいんだけどね。特にガイドは8Pも載ってて大満足。さすがは紙面大きくして値上げしてほぼほぼ週刊アイドル誌になるという、なりふり構わない実利重視なリニューアルしただけのことはある(笑)これから雑誌はいっぱい出るだろうから楽しみ。





ってことは、30日と1日の撮影は2日とも全部パッケージ用。しっかり撮っただろうから満足行くものをBDで早期に出ることを期待します。








嵐の方の正月はどうだったのかな?ダメダメ以外は明日が仕事始めか?レギュラーの収録も全部来週以降だしね。果たして今年の正月はにのあいでなにかあったのかな?去年は自分から何度も電話をかけて迎えに行ってまでにのあいのお正月を堪能したTOPでしたが(笑)今年はどうだったかな?もしにのあいでなにかあったのなら明日のMCで自慢すること確実でしょうからレポを楽しみにしたいなと思います。

テーマ:Hey! Say! JUMP - ジャンル:アイドル・芸能

ゆとやま | コメント:0 | トラックバック:0 |

王の帰還

期待通りの面白さのBABA嵐と嵐ツボでしたね。





予選第3試合の爺ちゃんと相葉さんによる泥試合は笑った笑った(笑)あそこまでババが移動し続けるとはねえ~~ホントふたりとも持ってるよね。つうか、相葉さんあと一歩で抜けられる状況だったんですよね。なのに引く直前にシャッフル押されてアウト。決勝戦も1/2で抜けられるところあったのにそこで合わない方のカードを引いて撃沈(笑)





ダメダメも決勝戦前に言ってたけど、最弱ジャケット最近他へ行きすぎてたから本来の持ち主の手元へ帰ろうとする力が働いていたとしか思えない程の引き寄せっぷりだった(笑)で、やっぱ似合うのよ。あの最弱ジャケットホント相葉さんに似合う(笑)まさしく王の帰還です(笑)本人ガチで嫌がってるからちょっと可哀想ではあるんだけどね。





ニノの方は相変わらずの読みっぷりで。葵わかなのことなんて全部お見通しって感じだったもんね(笑)ホンマどうやったらコイツに最弱ジャケット着させることができるのかね?ただ一人着てないからねえ~~決勝で相葉さんと1対1にするってのは必須だろうね。伝説のにのあい決戦のときのようにさ。問題はそこまでどうやって持っていくかだね。





次ニノだけ外してそういう企画やってもいいかもね。残る4人が協力してニノに最弱ジャケットを着せる企画にするとかさ。年末のどっきりであの二宮にどっきり成功させた日テレは滅茶苦茶慎重にやってたからね。先に一度どっきり仕掛けてもう番宣だけと思わせ、二宮のゲーム好きを活かす形にした上でみんなは失敗しておいて、バラエティの流れ的に最後の一人として成功しないといけない状況にすると。騙すことはあっても騙されることはない二宮を騙すのにはこれくらいヤラないと厳しい(笑)さすがニノとどっきりを繰り返してた日テレってところでした。ニノ嵐からもう15年だもんね。血を吐くどっきりやって爺ちゃんを凍らせたなんてこと今の嵐じゃやりたくてもやれないだろうねえ~~







嵐ツボの方も良かった。にのあいの俺様お蕎麦話はuntitledの名古屋の話でMCでも嬉々として喋ってたレポが各所に上がってましたな。





トイレに行くために車を降りてコンビニ行ったのにそのまま家に帰ってしまう相葉さんに、常温では溶けないバターを温めて溶かしたあと冷やして個体に戻してしまう乙女。ホンマこの二人は天然ですなあ(笑)





宮城でフライングが飛ばなかったって話を聞いたときは俺様キレてるだろうなあとは思ってたけど1時間もキレてたとはね。やってるのが外人ってことで嵐と松本潤のことあまり知らないってこともあって舐めてたところもあったんだろうし、それを感じていたからこそブチ切れたんでしょうな。それを見たくて風呂にも行かずにワクワクしながら様子を見てた二宮(笑)まあ、半分は面白がってだろうけど、半分は俺様がキレたあとのフォローをするのが自分の役目だと自覚してるからこそ風呂にも行かずにずっと残ってたんでしょうけどね。






虹のメガネってもう10年以上前のことなんだね。元はTime=2007年だしさ。あの映像のニノは25歳=今のトリオと同い年。ビジュ最高潮のときだよね。曲作り大好きだった頃だ(笑)CD音源になった最初の自作曲。作詞ニノで作曲は多田さん。良い曲だよね。こういうの自作することはもうないのかねえ~~2020年の新アルバム作る頃には曲作りの熱が復活してるといいんだけどね。










カウコンのゆとやま胸のタッキー、ツバサ文字を裕翔が書いてたとはねえ~~それも自分のだけじゃなく涼介のも書いてあげるとはね。他のメンバーにも書いてあげてるようだけどゆとぺにあげたのは涼介との2ショット写真。ホントラブラブだな(笑)カウコンあと出演者全員で記念撮影したときも翼の真後ろの一番いいところで、裕翔が涼介の肩に手を回してガッチリホールドの、コレ俺の女!抱きして写ってるしねえ~~(笑)





ただこの写真って並べて見ると涼介の写真の方は美白加工してるのが丸わかりになるようだね(笑)最初は何が違うのか全く分からなかったんだけど、並べて見てみると涼介の写真は美白加工してて白く見えるのに対して、裕翔の方は普通の撮ったものをそのまま出してるから肌色。




お、乙女~~~~(笑)WEBにアップする写真を撮ったままじゃなく美白加工して出すなんてホント女子高生なんだから(笑)





恐らく裕翔の言いたい少し違うパターンってのは構図とか顔の表情の微妙な違いのことなんだと思うんだ。それを見せたくて自分の写真の方を公開することで、涼介の乙女加工を意図せずにバラしてしまう裕翔の行動は、典型的な彼女の隠してることを天然でバラしてしまって怒られる彼氏だな(笑)





にしても、普通にやまぺって書いてるのには笑えたね。JUMPaperだから、名前にぺを付けて、やまぺ、ゆとぺ、ちねぺとか書くのはヲタの間だけで通じる話なのにね~~気にしいの裕翔がエゴサしまくってるのは分かりきってたけど、ヲタのツイとか読みまくってるんでしょうな。






こんな感じでホントラブラブゆとやま期絶賛到来中なのにこの先のJUMPの予定がまったくないというのがねえ~どうなってるんだろ?週刊朝日やメンノンの表紙が決まってるからてっきり1月にシングル出るものとばかり思ってたのにね。発売どころか発表すらない。最後のシングル8月1日だからな。2月中にはなにか出るとは思うんだけどタイアップの候補がないんだよね。それでシングル出すのかね?タイアップなんてなんの効果もないんだし関係なしに出せばいいのに昔の惰性でタイアップに拘るんだよね。





2月にシングル、GW前にライブBD、6月にもう1枚シングルで8月にアルバム出してツアーだと間断なくリリースができてちょうどいいと思うんだけどね。





レギュラーが放送地域限定な上に一方は座ってるだけ(苦笑)もう一方は2人ずつとあまり期待できないからな。それでもいのありひかには週一でテレビの生放送があるし、雄也もラジオの生放送がある。やまちねにはスクール革命。やぶゆとだけがなにもないからねえ~~上半期はホント日照りになっちゃうんだよね。コレが辛いわ。特にこの半年が楽しすぎたからさ。せめてリリースだけでもちゃんとして欲しいなと思います。
王の帰還…の続きを読む

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

| コメント:0 | トラックバック:0 |

あけおめ!

今年もよろしくお願いします。




カウコン、紅白ともに大満足の内容でしたね。





まずはなんと言ってもバカッポー最後のカウコン。中々出てこずどうなることかと思ってたけど、しっかりと最後を飾れたんじゃないかな。




Epilogueでせり上がってきてからの4TOPSを筆頭にジュニア引き連れてのリアデラは圧巻だった。この曲をやるときのバックにはやまとまとかざぽんハセジュンが相応しいよね。リアデラを最初にやったときのバック筆頭はやまとまだもんね。それにしても風間の顔が怖い(笑)ZIPでは絶対見せない表情。ダンスに自信ないから本気で踊ると笑う余裕がなくて怒ってるような怖い顔になりがちなんだよね。それこそ大昔のAxelのバックに付いたときとかさ(笑)こんな顔で踊るかざぽんがまた見れるとはねえ~~~イントロとサビだけだったのはちょっと残念だったけど、時間の問題あるからしょうがないよね。それにあの曲のメインはイントロのダンスだしさ(笑)





その後Venusでメインへ移動。同世代の嵐、関ジャニがうちわで「タッキー&翼 23年間ありがとう」のメッセージを持ってたのは感動的だった。相葉さんだけが見るのに夢中での写真のままだったのを爺ちゃんが注意するという世にも珍しいものも見れたしさ(笑)





そして最後は夢物語。みんな揃ってる中本当に圧巻の夢物語だった。翼は何度か感極まって泣きそうになってたけど、その都度マイクを上げて堪えてたな。ここで嵐たちが横へハケて夢物語当時バックの中心だったキスマイとJUMPを付けての移動もいい流れだったね。



モーニングショーで流れた引きの映像だと、裕翔が大声で合間のタッキー、翼を言ってたし、衣装のビーズをかき集めて、裕翔がタッキー、涼介がツバサなんて文字まで作ってた(それを中継中にちゃんと見せきれないところが二人っぽいな。裕翔の方は上着脱いで見せようとしてたけど、涼介なんて全くだしさ(笑))その上涼介が泣きそうになってたとはねえ~~元担と現担がここまで密接だったとは正直今まで気付いてなかったよ。涼介が翼の家へ遊びに行ったこともあったなんて驚きだわ。





夢物語のときって一番の熱量でバカッポーをずっと見てたけど、そのときバックにチビゆとやまが居た記憶はまったくないんだよね。Historyタッキーとか05年暮れの横アリとかにも行ってるんだから絶対見てるとは思うんだけどね。その頃はバカッポーと父さんしか見てなかった(笑)(翼がヒゲやデコ出しで出てくると途端に不機嫌になって、バックの父さんがかっこいい。父さんがかっこいいって父さんに逃避して半父さん担化してたからさ(笑))





せっかくの最後に髭で出てきたのは最初は如何なものかと思ったけど、今のビジュだと髭があったほうが収まりはいいかもね。単に太ってるってだけじゃなく治療薬の影響ともあるだろうしさ。つうか、最後の最後に初めて翼の髭を肯定的に見れたよ(苦笑)それくらい翼の髭には拒否反応強くて、半分髭で降りたようなもんだからねえ~~(苦笑)




文面だけで送り出しもなにもない解散引退退所が発表されたとき、これじゃあクビになったのと同じ扱いじゃねえか!って激怒したけど、8J同窓会とこのカウコンで綺麗に終われたと思う。背中を押してくれた中居兄貴には感謝しかないですね。これから先の二人、いや、師匠にはなんの不安もないから正確には翼だな。翼が幸せに過ごしてくれることを祈ります。






それ以外も非常に良いカウコンだったんじゃないかな。




・TTGのセンターステージ斜め上がりとすべり台をウィークエンドでやってみんなに見てもらえたのは良かった。かなり会場どよめいていたよね。



・マリちゃんが落ちたのにはびっくりした。あの二段セットの前ってスペーズ狭いから後ろを上げた状態でJUMPは踊ってないのよね。それをリハも殆どできてない他所のグループにさせたらダメだわ。見返すとマリちゃんの足が長いから後ろ足を伸ばしたときに穴に入っちゃってそのままずり落ちた感じだね。下が浅いから大ごとにはならなくてよかった。



・裕翔が目立つところで夜空ノムコウを歌えたのは嬉しかったね。SUITS効果だろうな(笑)相変わらずカメラ目線はばっちりだったしさ。



・Everybody Goで全員フレディ・マーキュリーの格好で出てきたジャニストは新年初笑いだったよ。「この時代のチャンピオンさあ」って歌詞に合わせたんだろうけど、真似もいい感じだったし、ジャニストの良さが出てたね。




・JUMPの「Cha-Cha-Cha チャンピオン」も良かった。いのゆとでイチャイチャしてましたね。



・イノシシ9でイノシシのぬいぐるみ付けてたのは可愛かったね。バカッポーの最後が増えた分、イノシシ9の時間が取れなくなったから窮余の策だったんだろうけど良かったよ。ロバだけ付けてなくてお前こんなときにまでビジネスヤンキー(チンピラがおらんようになってカツンにヤンキー要素がなくなったからビジネスであのキャラやってるだけだからな(笑))やらんでええ!!そういう子じゃねえだろ!ダメダメに怒られるぞ(笑)って思ってたんだけど、中継後に太一に突っ込まれたら「忘れましたw」って答えてたらしく、ただ単に忘れただけだったというオチを聞いてズコーとなったよ(笑)





・嵐が5人で出てきたのには驚いた。司会は終了後打ち上げに出て挨拶しないといけないからカウコンには出れないってのが決まりだったのにね。NHKを納得させるには相当な調整が必要だっただろうね。20周年だからってことだったのか?バカッポーの最後に立ち会いたいってことだったのか?急な調整でできることではないから20周年ってことで司会でも残らないってことを納得してもらったってことが有力かな。




ただ、A・RA・SHIと感謝は良いとしてもここでもHappinessだったのは残念だったけどね。紅白との曲の調整くらいちゃんとせえや(苦笑)




それ以外は本当によくできてた。正味50分の放送時間の中にどのグループもちゃんと見せ場を作り、15周年の関ジャニ、20周年の嵐はSPメドレー。そして最後はバカッポーをちゃんと送り出せた。良く纏めたと思う。バカッポーの最後効果ってのも大きいんだろうけど、数字も15.5%と過去最高だったようだし、この流れを来年以降も続けて欲しいですね。







紅白の方も良かった。



ちぃちゃんのJUMPの高さ凄いよねえ~~それも含めてあれだけの演出を僅か数日の練習だけでやってしまったってんだからJUMPさすがだわ。持ち上げられるだけでもかなり難しいことやってるようだからさ。草食平和JUMPだけどやるときはやると



UMPだから当然裕翔ソロがあって紅白の大舞台でドアップで映れたのは嬉しかったね。最後裕翔から涼介が生えてくる(爆)演出も含めて楽しかった。




USAでちぃちゃんが完璧に踊ってたのは本当に凄かった。JUMPはリハに参加できてないから知らなかったんだけど(JUMPが自分たちの出番だけで応援とかもなかったのもコンがあるからリハも初日のトップバッターでやっただけなのが原因だね)けんとっとから「踊れる人はガッツリ踊っちゃっていいみたい」って話を聞いて、それからカウコンのリハ中ずっと動画見て振り覚えてやったってことらしい。さすが天才ちぃちゃんですな。




嵐の演出は大人な感じで一応の大トリでも先にはサザンが控えてるっていう難しい立ち位置をきちんと務めあげれたんじゃないかな。



ユーミン、サザン、米津玄師にサブちゃんと非常に盛りだくさんで盛り上がった紅白でJUMP嵐だけじゃなく楽しかったね。





しやがれSPも面白かった。「20年後の中島健人」には笑った。今年も新春早々二宮のツッコミはキレッキレです(笑)テーブルクロス引き名人が出てきた途端にこのフレーズを思いつくのが凄いわ。




米倉のとデスマッチも星野源記念館も面白かったし、原監督との野望企画もよかった。昔から好きなスポーツ選手って聞かれたら原辰徳って言ってたからねえ~~普通に楽しんでるのが伝わってきたし、2度目の監督で十分やりきって勇退したはずなのに、3度目を受けたことについて、ズバッと「目標立てづらくないか?」って核心を突く質問をしたのもよかったね。




爺ちゃんと松兄ぃの大野丸企画も面白かったし非常に楽しいしやがれSPでした。明日は嵐ツボとVSSP。マネージャーの裏話とBABA嵐が楽しみです。






JUMPは昨日がメインの収録日だったようですね。30日にもカメラの目撃情報があったから30日に撮ったのかと思ったけど、昨日はアナウンスもあったらしい。30日は予備日だったのか?それかマルチアングルにするために1日では撮りきれないってことなのかな?昨日は裕翔の涼介への愛の告白があったようだし(爆)スーパーゆとやまタイムもイチャイチャだったようなので早く見たいですな。






ってことで、今年もこんな感じで更新していくと思います。よろしくお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

テーマ:タッキー&翼 - ジャンル:アイドル・芸能

タッキー&翼 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |