Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

With J

予告でかなり期待してたブルゾンちえみ With Jでしたが期待以上のハイクオリティに超満足ホントに超絶イケメンでした。



リハでちえみに指示されてるところからしてイケメンだったし、最初に前に出てくる時にベロをチラッと舐めるところも、パンって決めるところも、後ろで振り返って佇む所も、ジャケットプレイも、最後の立膝ついて椅子作ってちえみを乗せるところも何もかもがかっこよかった。



元がイケメンなとこへもってきて裕翔がやり慣れてるから再現率が高いのがなお一層かっこよさを引き立ててたね。指名されたときから小山がやったことない感じで戸惑ってるのに、裕翔のほうはノリノリな感じ丸出しだったもん。こりゃあ相当楽屋でやりまくってるな(笑)ちぃちゃんがセンターでブルゾン侑李になって、裕翔と大ちゃんかごりぽんがWith Jってとこかな。それで動画取ったりしてるんだろうね。



あと髪型が完璧だったのも大きいね。モサってない長さのゆるふわ前髪で片目がやや隠れるってベスト髪型だからねホント大満足でした。



それ以外も出川と大杉さんの小芝居に爆笑してるところとか、いのちゃんが出川とキスさせられたあと笑いをこらえながら慰めてるのとか、中丸に知念ちゃんが欲しいと言われてネタで返すのではなく「いや、ダメでしょ」と真顔で返事するマジレス裕翔とか(顔つきも声のトーンもマジ拒否だったからね。こういうとこがサイコなマジレッサーと言われる所以です(笑))見どころ満載の特番でした。



ニノの方は最初のヒナとの小芝居と(あそこでTOKIOが審査員席にはアカデミー賞俳優しか座れないって弄ってくれたら、キメるニノとへりくだり芸をやるヒナが見れたんだけどね。それくらい弄って欲しかった(笑))最後自分が選ばれて驚くニノが可愛かったね。海鮮苦手なのに海鮮の丼がご褒美でご褒美になってないってところも笑えました(笑)




母になるの予告も流れたけどいい感じの児童福祉司で楽しみ。土曜の制作発表&初回先行上映会行った人のレポではかなり重要な役らしいしね。



ただその発表会の様子をWSで殆ど流されなかったのには驚いた。主演はエリカ様だから裕翔があまり映らないってのはしょうがないとしても、そもそも主演のエリカ様すら殆ど映らずZIPで30秒もなかったからね。相葉さんの貴族探偵がめざましで何度も流れてたのとはエライ違いだ。これが王者日テレの余裕ってとこですか(笑)



初回前の宣伝はやはり主役がメインでしょうから、中盤あたりで裕翔の番宣バラエティが何かあることを期待しておきます。




そうそう母になるといえば、裕翔この役受けるかどうか迷って涼介に相談したんだってね。「今自分がここでこういう役をやるべきなのかなって色々考えてたときに涼介に相談したら「いや、俺は逆にやって欲しい。俺にできないお芝居が裕翔にはできるから」って背中をおしてもらったんだって。




なにこの萌えエピソード超萌えるんですが(笑)裕翔的には悩んでるとはいっても背中を押して欲しかったんだろうし、その気持を汲んでいいアドバイスをしてあげる涼介がさすがだね。





しかしこの二人、バカッポーやにのあいとは違う方向で濃いな(笑)同じグループでも中々ソロ仕事については話したり相談したりはないからねえ~嵐でも殆ど聞かないし他所のグループでもあんまり聞いたことが無い。それがここまで濃い話してるとはね。やまが悩んでたからハグしてあげたって裕翔は言ってるしこの二人ホントにいい関係になってきたというか、逆方向に振り過ぎというか(笑)




その昔バカッポーが氷河期解消したあとラブラブの熱々になって1週間ずっと一緒にいたとか同じベッドで寝たとか散々イチャイチャしてたことがあったけどそれに近い感じかな。バカッポーの場合十代後半だったから露骨にイチャイチャだったけど、もっと歳を重ねてから関係が改善した分大人として深く繋がった感じですな。




しかし、脇がやりたいって言っててちょうど良さそうな役なのに悩んでたというのも驚きだね。今出てる情報ではそこまで大人な役ではないというか、25歳の若い児童福祉司ってことだからね。それで今やっていいのか悩んで涼介に相談するってのが驚きでもあります。



噂だった日9の話って結局香川照之だけじゃなく朝ドラの主演だった子も出るようで、漏洩情報の間違い部分が裕翔だけだったからね。裕翔のところが岡田将生になってるだけ。これどういうことなのかな?っていう疑問もあるんだけど、そもそも将生のやる役は裕翔にはそれこそ早すぎる役なので途中で変わったってわけでもないだろうし・・・一体どういう経緯で決まった役なのかは気にはなるね。




去年色々あった後新しく決まった最初のソロ仕事だから、オファーあれば二つ返事で速攻受けるもんだろくらいに考えてたけど、意外に悩むんだというか、そこで悩む選択肢を持てるくらい状況的にはいい状況なんだなということを知れたことでもいいお話ではありました。
スポンサーサイト

中島裕翔 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祝!メンノンモデル | HOME | 世界で一番優しい悪魔(笑)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |