Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

責任者を呼べ!!

何に怒ってるかは分かるよね。ってか怒ってないニノ担いないっしょ



とりあえずハピコンとドキュメンタリーを見ました。全体的には満足度の高い内容だったんだけどねえ~~ツイで不穏な書き込みが流れては来てたけどぐっと我慢して順に見たんですよ。それで見て唖然とした



せっかくの踊るニノソロなのに何が悲しゅうてすだれ見せられなアカンねん




最初は唖然として怒りしかなかったけど何度か繰り返してるうちに意図はわかるけどそれは間違いじゃ!と説教したくて仕方なくなった(苦笑)




おそらく今回ディレクターが変わってるはずです。その証拠がチャプターの多さ。これまで使いにくくてしょうがないレベルにチャプター打ってなかったのに、ドキュメンタリーのチャプター滅茶苦茶打ってるし、本編でも歌とコメントの分かれ目にも細かくチャプター打ってるってのもこれまでになかったことなので、ディレクター変わったんじゃないかなと思う。




で、そのディレクターとしては、すだれの電飾の動きも含めて一つの作品として全体を見せたいという気持ちでの編集だったんでしょう。気持ちとして分からなくはない。何度か見返すと確かに綺麗ではある。でもね、こっちはニノが見たいの!すだれが見たいんじゃない!!ニノは嵐はあくまでアイドルなんだからね。本人をメインに映すようにしないとダメでしょうよ。





俺様の映像のようにヲタも見たいし演出的にも意味があるものなら映してもいいけど(その割に俺様の映像あんまり映ってなかったね)別にニノの電飾すだれはなくたっていいんだからね。大事なのはニノを観ることなんだからな!って感じで延々3時間は説教したい気分です(苦笑)




これが爺ちゃんならまた来年があるからそれに期待したいねになるんだけどね。最後だろうからなあ~~恐らくこれが生涯最後の踊るソロのはず。それがちゃんと映像になったのにこの内容とはね。ニノの踊るソロ映像化されないというジンクス。2度あることは3度あるになっちまったね(苦笑)それが悲しくて悲しくて仕方ないね。それでも見れなかった過去2回に比べたらマシではあるけどさ。新装国立での20周年コンでの再演に期待するか(苦笑)



それ以外は全体的に満足の行く内容でした。他の曲のアングルは悪くなかった。ホントニノソロだけ!



ドキュメンタリーもよかったね。デジコンのツアードキュメンタリーもよかったけど、それに負けず劣らずのいい内容でした。



松本潤ホント半端ないね。セトリも衣装も照明も何もかも考えに考えてやってるんですね。映ってるのだけでも凄いけど実際はあの何倍も何時間も何時間も打ち合わせしてるんだろうね。この情熱と労力あってこその嵐コンだということが改めて分かったよ。それなのに文句ばっか言ってすまんと思ったもん(笑)(でも、今年もしっかりダメ出しはするけどね(笑))



あと相葉雅紀の歌の全体像ね(笑)まさかあんな流れだったとはね。二宮の欲望を即興の歌にして最後に出てくる単語が相葉雅紀と。TOP相変わらず半端ねえって感じでしたな(笑)



ドキュメンタリーはもっとしっかり細部まで見たいのでまた見返そうっと。その前にジャポアリ見ないとね。





そんな嵐週間の中でも裕翔の母になるはちゃんと視聴。さすが裕翔主役回ってだけあって素晴らしい内容でした。



ホント裕翔演技上手くなったよねえ~~柏崎オートでのかんちゃんのことを感情込めて話すシーンも、最後に大塚寧々にやり直せますよっていうシーンもホント凄かった。ただのイケメンじゃない演技力抜群の名脇役だったよ。



櫨山は2008年の裕翔の初主演ドラマの「先生はエライ」の時からこの子は芝居に向いてるって思ったって言ってて、それで何度も使ってくれてたんですね。僕の知らない時代のことだけどね(笑)シェアハウスとかJUMP関係ないところでだもんね。



これだけ演技できたら今後も色んな役が来そうなので楽しみにしたいですね。




その裕翔のセブンティーンの和装茶道が超イケメン。雑誌はできるだけ買わないようにしてるのにあまりにもイケメンすぎて即買いだった。




これだけの超イケメンなのにホント和服似合うよねえ~~顔の方向性としては洋風だと思うんだけどね。なのに和服がほんとに似合う。これだけ似合うんだから時代劇もやって欲しいんだけどね。NHKのBS時代劇で裕翔にできそうな若手主人公の昔の作品のリメイクとか取ってきて欲しい。NHKなら押し込めるだろ(笑)ジュリー頑張ってくれ!!




では、ジャポアリ観ます。
スポンサーサイト

ニノ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変わってない | HOME | オンタイム視聴>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |