Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

裕貴いいいいい??

引退してもう17年も立つ小原裕貴を引っ張り出してくるとは・・・・さすがキンキ20周年!スケールが半端ない(笑)



まあ、裕貴博報堂だから普通のサラリーマンがドラマに出るのとはちょっと違うだろうけど、それにしてもよく実現させたな。やめジュとの共演をよくあの事務所がOKしたもんだ。ああ、でも、裕貴の場合は唯一コンで引退セレモニーがあり、引退後もコン観に行くとMCで触れてもOKな扱いだったくらいだからそこのハードルはないか。それよりも17年ぶりのテレビ出演を裕貴がよくOKしたもんだなと思うね。



色々綺麗事並べてるけど、結局師匠以下の黄金期ジュニアが売れすぎてその上世代の裕貴は扱いづらい存在になって、デビューも厳しい感じになって頭のいい裕貴はその空気を読んでやめていったってのが真相に近いからね。まあ、金曜日事件の余波ってのもあるとは思う。そのあたりの諸々について、悪い事したな。裕貴に貧乏くじ引かせたなという負い目をメリーが感じてるからこその特別扱いだったんだと思ってる。逆を言うとそういう経緯でやめていった裕貴が17年経ってキンキのためとはいえ出演をOKしたのも凄いなとね。



大奥のときのAスタに写真で出たのが10年10月=7年前ですか。写真だけだったけど一般人レベルではないにしてもアラサー相応な感じだった。それが7年経ってどうなってるのかなあ。バリバリ現役のダメダメですら5×10の映像をワクワクで見て「オレ痩せてんなあ~~」って言うくらいだからね(笑)ホント色々と楽しみが更に増えてきたドラマの放送が楽しみです。





まさかの相葉さん念願の月9ラブシーン実現\(^o^)/



師匠(notタキザーさん)を御前様が偽装殺害して愛香共々守ってたってオチは予想通りだったけどまさか最後にアバンチュールがあるとは驚きでした(笑)もっとも、最後寸止めだったのはTOPの怖い目を気にしましたかね(爆笑)




初回こそイマイチだったものの回を追うにつれて非常に面白くなってきて楽しいドラマだったと思います。同じ謎解き物でもダメディよりよっぽど良かったよ。数字は半分だったけどそれは今のフジの状況ゆえだからしょうがないよね。





相葉さんにとっても今までの相葉雅紀のイメージに合った優しい役、頼りない役じゃなく、慇懃無礼で高慢さもある貴族様という難しい役をかなり上手くやれててよかったですよね。かっこよかった。TOPもお喜びのことでしょう(笑)お疲れ様でした。







セクゾ中島裕翔




誰や!




アホ週女のボケナスが裕翔のこと書くだけでも不愉快なのに間違えるってどういうつもりや!!



イケメンなのが(いや、ふたりともイケメンか)高身長なのが(けんとっとも背は高いか(笑))奇行種なのが(ラブホリックさんも奇行種の一種だわ(笑))う~~ん、意外と似てるな(笑)学年も一緒だし類似点多いんだよね。決定的に違うのが、ネガティブとポジティブな性格くらいか(笑)




顔が違うんだから間違えるんじゃねえよ!!内容は休日にカメラ選んでましたっていうどうでもいいものだったようだけど(何かないか尾行したけど撮れなかったってやつかな?)ホントあの雑誌に載ること自体が不愉快だね。



つなぐのメイキングはつまらんかった(苦笑)アイルは萌え萌えだったんだけどねえ~~内容的に個人撮影が多かったからしょうがないんでしょうけどね。しかし、梨本はもうただの振付師じゃなく完全にスタッフだな(笑)演出補助までしてる感じだ。





テレ東音楽祭裕翔いつも通りかっこよかった。トーク中に中丸乱入で最初は邪魔!ちぃちゃんの赤ちゃん話聞かせろと思ったけど、即席バックダンサーが可愛かったから結果オーライ(笑)




剛よりによってこの大事な時に突発性難聴とはね。早く治りますように。





>みささん


猛獣使い



確かに(笑)あの計算力の塊をこれだけ翻弄してるのはホント凄いですよね(笑)



その計算力はホント映画のインにここまでビジュを合わせてくるというのがさすがとしか言いようがないです。



拓哉自身元々後輩との共演が殆ど無い上に(父さんくらいですか)状況が状況ですからねえ~~果たしてこの状況下でどういう関係性をニノと作るのか。ニノが先に仕掛けるとは思いますがそれにどういう風に対応するかでしょうね。
スポンサーサイト
| コメント:1 | トラックバック:0 |
<<Mステ最高!! | HOME | イケメン>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-02 Sun 17:39 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |