Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O

10周年の10とInputとOutputの頭文字のIとOを掛け合わせて「I/O」でインプット、アウトプット




中々洒落たネーミングだと思うね。ただ、これを考えたのが大ちゃんというのが驚くというかキャラが鈍るぞ(笑)小学5年生が考えるタイトルじゃないもん(笑)





がっつり踊るダンス曲と言われてた「I/O」だったけど意外と大人し目というか、途中でアコギが入ったりしてて意外な感じだったね。まあ、エレクトリックなダンス曲はふぁんた、OTTとあるから違った方向性ってことなんでしょう。「I/O」というタイトルに合わせた歌詞内容になってるので、タイトル決まってから発注したってことなんだろうから、LIVEのバランスとかも色々考えてってのもあるんでしょうね。





で、どうやらこの曲の振り付け涼介がやったようでどうなりますかねえ~~振り付けってのは爺ちゃんとか屋良っちとか抜群のダンススキルを持つ人だからできるんであってね・・・・・(苦笑)涼介ダンスそこまで上手くはないと思うんだけどねえ。ホントなんでもやりたがるジャイアンだことで(笑)





全員作詞、ごりぽん作曲の「H.our Time」の方も悪くなかったね。ちょっとというかかなり素人臭さのある曲調だなとは思うけど、それが手作り感になっててJUMPらしさにはなってた。5×10と比べるとなあ~というのは感じたけど、あれはyouth case作曲だもんね。そこを比べてはいけませんなと思った(笑)(つうかこの曲聞いて猛烈に5×10が見たくなって、HDDに入ってるアラフェス12のを見たけどよかったなあ~~最近見てなかったから久々に見たけどアラフェス12の5×10は演出含めて最高だったなと改めて実感)





リレー形式で作っていったらしい歌詞の方も、リレー形式な分統一感に欠ける嫌いがないわけではないけど(そこは最後にニノが纏めた5×10との違いではあるね)その分想いがストレートに出てて今のJUMPらしいなという感じがしました。





あと驚いたのが歌詞に龍太郎のことを書いたんだろうなってとこがあったってこと。「たとえ別々の道を 歩んでいたとしても 僕らは繋がっていて」ってのが前後の文脈からはちょっと唐突な歌詞になってて、龍太郎のこと入れたかったんだろうなというのは感じたし、未CD化曲のほうにも龍太郎って呼んでる古い曲も普通にそのまま入れてたのも含めて10周年を機にけじめを付けたってことかなという気はしました。





同じ10周年でも嵐以上に若いしなにより経験不足なグループだからね。嵐もずっと頼りない頼りないって言われてたけど、考えてみれば、10周年段階で国立もうやってたしゴールデンレギュラーもはじまってたもんね。JUMPの場合まともに経験積み始めたのは13年からなので経験値的には5周年くらいな感じだもんね。





いい意味でまだまだメジャーになりきれてなさってのが出てたと思うしそこがJUMPらしかったなと思った。





アホストの売り方が不快だし必要性もないので初回1は買わなかったんだけど(ブックレットはどうせ高画質なのが流れてくるだろうと思ってたら案の定だった。いい写真だったけどこれだけに5400円は高いわい(苦笑))通常版のWEBラジオは聞かないとと思って追加で買いましたが珍しい9人全員でワイワイ喋ってるJUMPでいい感じでした。





昔「裕翔くん」って呼んでたよねって話で涼介が嫌いだったって言ってて、ぶっちゃけすぎじゃ(笑)とは思ったけどね(笑)今の和解した関係性だから言えることなんだけど、裕翔はずっと好きだったんだろうからねえ~~ホント昔のバカッポーだな(笑)





このアルバムでどんな10周年コンになるか楽しみにしたいと思います。その前に明日のVS嵐だけどね。






クリスと再共演



検察側の罪人の追加キャストが発表になってヒロインの検察事務官が吉高由里子と




ラストレシピの剛ちゃんに続いてガツン(ガンツな!!(笑))組と再共演は嬉しいね。恐らく拓哉に付いてる事務官役だと思うのでニノとの絡みはあんまりないとは思うけど、番宣とかでクリスとニノの良い絡みを期待したいと思います。






>ろーちゃんさん



おひさしぶりです。



ぼくらの勇気楽しまれたようでよかったです。僕も当時見てたとはいえすっかり忘れてしまっていましたが(宝生舞がやってたヒロイン役が死んでたのも忘れてたくらい(苦笑))それでも大丈夫だったように、前提知識なくても楽しめるようにいい感じに作られていたと思います。



そのぼくらの勇気もギリギリ二桁程度だったようですし、今は30代くらいまで向けだと数字は厳しいですからしょうがないでしょうね。特に関東圏がこの傾向が顕著ですし。Pブルーのような医療物だと老人層も引っ張ってこれるからいいんでしょうけどね。



相葉さんの貴族役があそこまで似合うとはホント予想外の成果だったですし、演技も良く出来てたと思います。これでお蔵入りにしてしまうのは惜しいですよね。原作ヲタの評価は高かったようなので、嵐担と原作ヲタを頼りにして映画化ってのは狙ってもいいと思うんですがね。そこまで制作費もかからないでしょうし。
スポンサーサイト
Hey!Say!JUMP | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<VSJUMP | HOME | ぼくらの勇気>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-27 Thu 09:14 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |