Secret遊戯

嵐とHey!Say!JUMP、タッキー&翼を中心にジャニーズ関連の話題を・・・

撮影会?

なにそれ?なんのテコ入れ?まさか米津玄師に負けそうなのか?(笑)って思ったけど、申込資格があるのは会員だけでコンと同じ様に身分確認もするようだし、カメラ100台にドローンも飛ばして大掛かりな撮影にするとのことなので、売上のテコ入れ策ではなく元から計画されてたもので、単純にいつもとは違う大規模な撮影を行うための募集ってことかな。






ドームの予定表を見るとUVERworldが20日の金曜にやるので土日あればセット組み立ての日程的には十分だからね。普通なら月曜からの3日間公演であっただろうものを、50公演というキリに良いところで収めるためにアイバースデーからの2日間だけにしたってことだろうからさ。







ただ、それなのに定価と同じ9000円取るというのはいかがなものかと(笑)無料にしろとは言わんけどねえ~~激戦チケット手に入れられるだけでも感謝しろと言わんばかりの殿様商売だな(苦笑)ネタバレNGまでしてどういうことになるんだかね。







まあ、でも、普段はあくまでLIVEがメインでそれを撮ったのを出してるのを、撮影の為だけの公演を収録ってことで相当に手の混んだ映像になりそうなので楽しみです。






その前にBRAVEだけどフラゲできず_| ̄|○









ハイハイの2人が年内活動自粛とはねえ~~厳しいなあとも思うけど、作間の写真は明らかに顔が赤かったし(笑)他にもヤバいのがあるかもしれないから、先手を打って活動自粛とすることで、このあと少々のことが出ても庇えるという判断とも見れるね。無期限ではなく期限を切ってるのも良いと思う。期限を切ってることで期間さえ過ぎたら自動的に復帰できるからね。






可哀想だなあ~~とも思うけど撮られたらダメだよね。なんせ未成年だからねえ~~錦戸がヤッたあと丸出しの寝顔撮られたのとは訳が違う(笑)






まあ、でも、今の子はホント大変だよね。撮られたのが流失するだけじゃなく撮った本人がインスタでLIVE配信までしてあることないことペラペラと喋ってるそうだからねえ~~写真だけは見たんだけど素人がLIVE配信ってねえ~~(苦笑)おじさんついていけないわ(笑)






この話の流れで笑ったのが作間担っぽいおばさんが「タッキー!あんたにこの手の女絡みの話を怒る資格ないよなっw」って書いてたとこ。確かにそのとおりだわな(爆笑)こういうのがあるから師匠も難しい立場だわ(笑)







>なおさん




お悔やみありがとうございます。急なことではあったんですが100歳ちょい手前の大往生でしたのでね。





47都道府県ツアーはホント凄いですよね。本人たちも言ってますが、前にやったときは若かったしなによりレギュラーがなかった時代ですからね。それを三十代半ばになって週に何本もレギュラー抱えながらやるってのは相当なことだと思います。それだけ5人で関ジャニをやっていきたいっていう想いが強いんでしょうけどね。無理はしないで欲しいですよね。







裕翔の目撃情報あがってたんですね。僕は映画かなあって思ってましたがドラマなんですかね?ドラマとなると10月期ではなかったので、1月期ってことになるでしょうが、8月に1月期の前撮り?それともどうしても夏のシーンを撮って置かないといけないもの?なんなんでしょうねえ~~1月期ドラマだとするとあと1ヶ月半は発表がないことになりますか。アルバム発売の頃まで焦らされるのは堪らんで(苦笑)






ずっと続いていた年に1回以上の連続ドラマ出演が途絶えてしまったのは悲しいけど、大して人気のない裕翔によくここまで続けてくれたもんだと思います。年区切りという意味ではそうなってしまいますが、SUITSは去年の10月期ですからね。もし来年1月期にあるのなら中1年での出演だから最近の事務所の傾向からしたら早い方ですもん。






事務所として昔ほどドラマを取りに行ってない感じです。何をやっても数字取れない時代で特に若手物はホント厳しいですからね。セミオトコも深夜とはいえかなり数字が低いですもん。ただ深夜物ということで変に叩かれずはいるし、それを狙ってあの時間にさせたんだと思います。






裕翔ごとがあるたびに例の事件のことを持ち出してるのって地図ヲタなんですな。ホントたちの悪い碌でなしどもだことで。所詮飯島とその手下とそのヲタってところですな。
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<即位祝典 | HOME | 色々ありました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |